2019年05月12日

練習の流れ

練習の始まりの最初と最後の10分は大切。最初の10分でいかに心身共に波に乗っていけるか。最後の10分でいかに良いイメージで締め括れるか。本当は最初に得意な練習→苦手な練習→得意な練習でやれるとモチベーションが変わってくる。今日もやれる!と今日もやれた!という気持ちは大切。なかなか全体で動く練習の流れでは個々に応じるのは難しいだろうが。工夫次第ではできなくもないだろう。練習は日々のこと。最初から波に乗れないのも辛いし、最後に駄目な印象で終わるとその日一日の全体の印象も悪くなって終わってしまう。練習の流れを少しでも工夫することで練習のモチベーションが変化するなら取り入れてもいいような気がする。
posted by Takahata at 05:54| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いい入りができないといい反省ができない。入り方を意識することはとても大切なことだと思う。
Posted by つちー at 2019年05月13日 08:38
自分は練習で、練習でどの時間帯が辛いか、身体の一部が痛い時、苦しい時、緩和された時、ゾーンに入った時など客観的に見れるようにしている。そうすると毎日の練習の中で、統計が出せる。自分の調子は自分でしか分からないからこそ、自分を分析している。
Posted by スポG at 2019年05月24日 23:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。