2019年05月14日

結果は

『そうなる』ことと『そうする』こととは違う。流れの中で偶然に結果としてそうなったのか、その結果を出すために主体的に意図したのか。例え結果は同じでも過程はまるで違ってくる。偶然の結果は次の偶然の結果を待つしかないが、過程が明確なことは再現性高く次なる結果も出していける。スポーツでも仕事でも、よく『結果にこだわる』という言葉を耳にする。結果にこだわるということを突き詰めていけば、過程にこだわりを持つということになると思うのだが、先々の結果ばかりに目が向き、過程がおざなりになり、結果という『そうなる』ことばかりを期待して待っている人をよく見かける。『そうする』がない『そうなる』ことほど目先では結果オーライかもしれないが先々を考えるとこんな不安なこともないのではないかと思うのだが……『結果は出る』ものではなく『結果は出すもの』だと思う。出すためにどれだけ考え抜けるのか、それがとても大切になってくる。
posted by Takahata at 00:53| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
やるべきことをやればそれなりに結果はついてくる。でもそれまでの過程で何を考えて何をしてきたかで結果は変わってくる。
Posted by つちー at 2019年05月14日 06:55
そう思う。自分で結果を出す為に毎日トレーニングや練習をしている。出るのではなく出す為に!出したいからこそ頑張れて踏ん張れる。
Posted by スポG at 2019年05月24日 22:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。