2019年05月18日

適度な追い込み

無理をしないことと、妥協とは違う。無理をしないことは心身の悲鳴に耳を傾けること。妥協は心身の甘えに流されて逃げてしまうこと。選手は妥協してはいけないが、無理をしてはいけない。妥協してばかりでは人間的にダメになる。無理ばかりしていると心身がダメになる。自分自身を追い込んでいく力も大切だが、同時に自分自身を許し認めていく力も大切になる。どちらもできないと、妥協人間になるか、崩壊人間になってしまう。このバランス感覚を持てることがとても重要になってくる。言葉にすると適度な追い込みということになるだろう。
posted by Takahata at 00:34| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
目的によって追い込み方は変わってくる。自分に合った追い込み方ってあると思う。それをわかるためにも色々な経験を積む必要がある。
Posted by つちー at 2019年05月18日 06:10
真面目にやっている選手程、その適度というのが異物のように感じるようで、戸惑うことが多い。しかし、それを理解することができれば、選手自身を知ることで、自分の可能性を伸ばしいける。その選手の気持ちが痛い程、分かるから力になりたいと心から思う。
Posted by スポG at 2019年05月18日 18:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。