2019年06月19日

何を大切にするのか?

禺者は称賛で天に上り、批判で地に落ちる。誰かと比較して優れていれば優越感に浸り、劣っていれば劣等感に苛まれる。賢者は称賛で自分自身を自省と自制し、批判で自分自身を奮い立たせ自己肯定感を高める。他人ではなく自分自身の進化に意識を置く。周りに振り回されずに自分を一定に保てる強さは大切。周りに振り回されて等身大の自分自身を見失うことほど虚しいことはない。他人の評価でしか自分自身の価値を図れないことほど悲しいことはない。じっくりと自分を冷静に見つめる目はとても大切に感じる。
posted by Takahata at 00:21| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
自分自身と向き合っていける人は成長できる人。他人と比べてようとすると劣等感に包まれる。自分はどちらも該当しているが良い成長ができているときは自分と向き合っているときだが他人と比べているときは成長していない気がする。自分自身と向き合うことがどれほど大切かわかったことは自分にとっての成長であると思っている。
Posted by つちー at 2019年06月19日 07:33
自分の人生なのだから、自分を大切に生きていきたい。他人と比較し続けて終わる人生は、忙しく悲しいものに感じる。自分としっかり向き合うことができていれば、比較や無駄な嫉妬はないように思う。
Posted by スポG at 2019年06月19日 20:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。