2019年07月06日

楽しさからのルール

ルールありきでスポーツは生まれたのではない。ルールという規制の枠の中で楽しいことを考えるのではなく、無制約の中で楽しいことを考えて創造したものに対して規制を作っていく。どちらが先かという話ではあるが、クリエイティブさは明らかに後者の方が発揮される。前者はできることを考えるのに対して、後者はやりたいことを考えていける。やりたいことを想像して創造した先に、それがスムーズにやっていけるようにルールを決めていく。そんな流れだからこそ、スポーツというのは楽しいのだと思う。規制ありきの中で作られたものであれば、根底の楽しさが湧いてこないかもしれない。そんなことを理解した上でスポーツをしているのかどうかは大きく違ってくるような気がする。
posted by Takahata at 00:34| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
楽しいものをより楽しくするためにルールがあるように思う。ルールがなくなったらなんでもありで逆転に楽しくなくなる。楽しいものを守るためには絶対に必要なことだ。
Posted by つちー at 2019年07月07日 05:37
楽しさを忘れてしまってはいけない。好きで楽しいからスポーツをする‥という考えでありたい。自分は苦手と向き合う為に始めた。今は少しずつ、自分の変化を感じ、自分の身体の調子を知り、今日の自分を知ることができるという意味では楽しいと感じている。
Posted by スポG at 2019年07月09日 19:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。