2019年07月08日

真似の先に

誰かの真似をしても、ただの真似では似て非なるもので終わってしまう。その誰かは何故?そのようにするのか?という本質に辿り着かなければ、表面的なものをなぞっているだけになってしまう。その誰かはどのようにして?それをするようになったのか?というそこに至るまでの過程をしっかりと考えなければ、これまた単なる結果を真似ているだけになってしまう。見えることを真似ても、見えない部分を理解できていなければ、本当にその誰かの域に到達したとは言えないだろう。そうしたことの逆で、本質や過程をしっかりと掴み取っていれば、だんだんとその誰かに似てくるということはあるかもしれない。真似ることは決して悪いことだとは思わない。ただ、真似るのであれば目に見えない部分をいかに考え抜き探求していけるかで完成度は明らかに違ってくるということだけは確かなように思う。
posted by Takahata at 00:07| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
真似ることは学ぶことだというがただ形だけ真似るのとその人の考え方まで真似るのでは本質が変わってくる。どこまで真似るかは自分次第。
Posted by つちー at 2019年07月08日 08:52
そう思う。見よう見まねで真似しても、本当に真似ることにはならない。技術と同じで、指導者の言っていることは理解できても、それを身体で体現できない‥ということに似ているように思うし、最終的には身体の使い方に違いがあると思う。
Posted by スポG at 2019年07月09日 19:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。