2019年07月10日

影響力

練習が嫌いと思ってもいい、練習に行きたくないと思ってもいい。ただし、それはグランドの外にいる時だけにしよう。一歩グランドに足を踏み入れる瞬間までには気持ちを整理しよう。自分自身はもちろんだが、一生懸命にやろうとしている仲間達にそんな気持ちを伝染させてはいけない。思いやりのあるチームはそれができている。風邪を引いているのにマスクもせずに電車や狭い空間の中でゴホンゴホンと無遠慮に咳をしたり、くしゃみをしたり。やはりマスクをしたりして周りに思いやりを持ちたい。風邪を伝染させてはいけないなという意識。文句や愚痴を撒き散らして周りも不快にしたり、やる気を下げてしまってはいけないと思う。自分自身を律して逆に周りにプラスの影響力を与えていけるくらいでありたい。誰もいつも、やる気があったり、好きでワクワクばかりではない。だからこそ、余計に自分の気持ちを整理して物事に臨むというのは大切になってくるように感じる。
posted by Takahata at 00:25| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
グランドで弱い面を出すと自分にもチームにもよくない。そういうことって伝染しやすい。どんなに調子が悪くても前向きに押し通すことが大切。そんな選手でなければならないと思う。
Posted by つちー at 2019年07月10日 07:41
自分の状況次第で、人から受ける影響が大小変化すると思う。辛い時こそ…落ち込んでいる時ほど…人が寄ってくる。どう自分が向き合うのかは、自分次第だ。自分は人にあえて気持ちを向けさせるのも必要に思うから、大変なときこそ、いつも以上に相手や仲間への気配りは必要に思う。
Posted by スポG at 2019年07月19日 15:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。