2019年07月12日

匙加減

ちょっとの匙加減。ほんのちょっとした加減の調整ができるのがプロの一つの条件なのかな、と考えたりもする。料理にしても同じレシピで同じ手順で作っても、ほんのちょっとの匙加減で美味にもなるし、しょっぱかったり甘すぎてしまったりしてしまう。叱るとか誉めるにしても、絶妙な匙加減でいけば、すごく効果的な指導になったりもするのだろう。叱るが塩で、誉めるが砂糖だとするなら、塩と砂糖の匙加減で舌(心)が感じる味わいは大きく違ってくるだろう。この辺りが人間の妙みたいなもののように感じる。感受性や繊細さを持って、どこまで絶妙な匙加減でやっていけるのか。ほんのちょっとのことなのだが、ほんのちょっとのことが結果を大きく変えていくこともあるのだと考える。
posted by Takahata at 00:13| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
匙加減って微妙なとこだがそこには大きな差がある。砂糖にしても醤油にしてもちょうどいいから少し入れたらちょっとしょっぱい、甘いになる。本当に微妙なとこだが大きなとこでもある。それは人生でも同じでやり過ぎも良くないがやらなさ過ぎもよくない。バランスが大事だと考えられる。
Posted by つちー at 2019年07月12日 07:24
そう思う。叱る(塩)だけでは偏り、誉める(砂糖)だけでも偏る。比率の工夫を微調整して欲しい。『塩と砂糖はいつもと同じでいい!!』という経験からくる、100%間違いない!というのは疑問だ。相手はいつもと同じ状況ではないし思い込みというのは、とても怖い。経験は肯定するが、100%正解という考え方が危ないと感じる。
Posted by スポG at 2019年07月19日 15:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。