2019年07月17日

過ぎし日に

部活って何で、こうも一日一日の練習時間は長いのに過ぎてしまうとあっ!という間に感じるのだろう。毎日早く引退したいと思うのに、引退すると寂しくなるのだろう。その時々は打ちのめされるくらい辛かった経験がいつしか笑い話に変わるのだろう。やっぱり、それが紛れもなく充実した時間だったから。充実していなければ、過ぎても特に記憶にも残らないだろう。部活はその時期にしかできない。やり直そうにも、過ぎてしまえば取り返すことのできない時間。だからこそ、やれることは全力で取り組んでいきたいものだ。今は懸命にもがいていることだろう。それでいいんだと思う。今、真剣にやっていることの本当の答えは、その後の人生を生きていく中で見出だしていけばいいのだから。
posted by Takahata at 03:09| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
過ぎたあとに気付くことはたくさんある。それでいいと思う。そうやって成長を感じていくのだと思う。
Posted by つちー at 2019年07月18日 09:46
携われていることに心から嬉しいと感じるし、選手目線までいないが、現役選手と指導者の両面から見れることで、沢山の事を選手から感じ、学び、共に成長していると感じる。だからこそ、限られた時間の中で選手達に伝えていきたいと思う。
Posted by スポG at 2019年07月19日 15:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。