2019年07月19日

真の悔しさは

悔しさを晴らすためには、誰よりも頭を使い、誰よりも汗を流さなくてはならない。それができない悔しさなら、それは悔しさではなく負け惜しみ。負け惜しみは他力本願なのに対して真の悔しさは自分自身に向けられる。負け惜しみをいくら口にしても、何も解決はしない。真の悔しさは、妥協しそうな弱い自分の背中を押し叱咤激励してくれる。負け惜しみは誰もが感じるが、真の悔しさを持てる者は限られてくる。悔しさをバネに、という言葉はよく耳にするが、その悔しさの本当の意味を理解して口にしている者は少ないだろう。真の悔しさは必ず自分自身を着実に育てていってくれるものだ。
posted by Takahata at 00:29| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
真の悔しさなら自分は言葉にしない。それ程真剣で、簡単に言葉では言えないほど自分の中で晴らしたいと強く思うからだ。やり遂げたい、成し遂げたいと感じるから一心不乱に突き進む。
Posted by スポG at 2019年07月19日 15:13
悔しい思いの方が多い。でもそのたびに強くなれた。でも次から次へと悔しい思いが出てくる。だからもっと強くなれるのだと思う。
Posted by つちー at 2019年07月20日 06:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。