2019年07月21日

夏の記憶

将来、社会人になって部活の仲間達と飲む時に。練習が厳しかった程、お酒が美味しい。ミスしたことや怒られたことは美味しいつまみになる。怖かった監督や先輩は笑いのネタになる。試合の内容なんてみんな記憶が違い。でも…でも…酔うほどにみんなで過ごしたあの頃にたまらなく戻りたくなる。今はそんなこと思えないだろう。今が精一杯だから。今はそれでいい。がむしゃらに向き合っていけばいい。そんな濃い時間が、そんな熱感のある時間が結果として、いつまでもあの頃に戻りたくなるような思い出として心に刻まれるのだと思う。夏が来る度に土の蒸せる匂いを嗅ぎ、強い太陽に照らされる時に、フワーと今のこの夏を思い出すことだろう。
posted by Takahata at 00:33| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
自分が競技から離れてみると、見方が変わる。自分と競技との距離感なのだと思う。当たり前に毎日練習していたのに、今はもうやらないしやれない。そんな日々から思い返していく。好きだし、自分なりに一生懸命に向き合ってきたからこそ思えるのだと思う。人生の【糧】になっていくことだろう。
Posted by スポG at 2019年07月21日 15:18
今になっても仲間と会えばその話しで盛り上がる。あの時があったから今があると思っているしあの時の思いは永遠に生き続けると思う。
Posted by つちー at 2019年07月22日 07:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。