2019年07月24日

楽しもうとする心

人生の時間をどうせなら少しでも楽しい時間にするために積極的に楽しいと思えることに時間を使う。とは言え…そればかりもできない。そこで大切なのが、目の前に起こることを楽しもうとする心。楽しいと思うことをやるのはもちろん、どんなことでも楽しもうとする心は大切。人生、自分が楽しいと思うことばかりはできないが、楽しもうとすることはいついかなる時でもしていける。つまらない…つまらない…とボヤいていても何一つ楽しいことなんてありゃしない。どうせなら、楽しい!楽しい!を口癖にして、いかに楽しもうとしようかを考えた方が良いように思う。何か?より、いかに?が大切。どうせ同じ時間を過ごすから少しでも楽しんだ者勝ち。誰かが楽しませてくれる訳でもない。楽しいことがいつも与えられる訳でもない。どんな時でも楽しむのは他でもない自分自身。楽しければワクワクしながら取り組んでいける。そしてそこには受け身ではない積極性が生まれてくる。
posted by Takahata at 00:27| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
つまらないなと思うことかあるが考え方一つ変えただけでなんか楽しくなってしまうことがある。色々な心の置き所があるがそういうところが人間の楽しいとこだと思う。なんとでもなってしまうのが不思議で面白い。
Posted by つちー at 2019年07月24日 06:18
今の人達が『楽しい』と感じることが何なのか知りたくなることがある。自分の楽しいと感じることは、年齢を重ねて変化を遂げている。自分が楽しいと感じることはおもいっきり楽しみたいと思う。楽しければ笑うし笑ってしまう。それを見た人がまたつられて笑う。笑いの連鎖を起こしていきたいものだ。
Posted by スポG at 2019年07月26日 17:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。