2019年08月15日

経験と学び

中途半端に上にいくくらいなら、下でじっくりと力を蓄えてからチャンスをモノにした方がいい。上で学べることもたくさんあるが、上で控えでいるよりも、下で生きた経験をたくさん積んだ方がいい。学ぶことは意識があれば学べるが、経験だけは実際に積まなければ経験にはならない。単なる学びなのか、経験を積んだ上での学びなのかでは大きく違ってくる。下で積み重ねた経験を上で生かすためには大いなる上での学びが必要にはなる。経験のない学びは単なる知識にしかならない。やはり学びは知恵にしていかなくてはいけない。使える知恵。焦って上に行き、上で使い物にならないままなら下で猛烈に汗を流した方がいい。その流した汗の量と比例して学びはどんどん生きたものへと変わっていく。上の世界は下での経験だけでも通用する甘い世界ではない。上ではどんどん学びを自らが求めていかなくてはいけない。下のように口を開けて待っていても誰かが与えてくれる世界ではない。貪欲に経験も学びもしていかなくては生き残れる世界ではない。
posted by Takahata at 09:07| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
色んなとこでの経験と学びは生きてくる。ただ自分が勉強になっている、向上できると思っているのならばどんどん上手くなれる。
Posted by つちー at 2019年08月16日 08:17
今、自分の与えられた状況を自分で受け止められることが先ずは大事に思う。与えられた状況下で、チャンスを待てばいい。焦らずに着実に前に進んでいけばいい。焦ってジタバタして自分を見失うことの方が、苦しい。
Posted by スポG at 2019年08月19日 20:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。