2019年08月17日

データの先に

強いチームには数では表せない強さがある。データ重視のスポーツにおいて、さらにデータという数字を深堀した奥の奥まで見出だしていけるのか。見えないものをどれだけ見ようとするのか。目では見えないものをしっかりと手繰り寄せる力。目で見えることなんてほんの一部。見えないものを見る時の裏付けとしてデータがものをいう。今後はデータの活用方法が大切になっていくように感じる。そうしなければ、目で見える数字に逆に惑わされてしまう結果になるかもしれない。数字はあくまでも数字であって、その数字やデータの基はあくまでも人間なのだから。
posted by Takahata at 00:10| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
データが先行してしまうのは良くない。その通りくるかもわからない。データは人間的な強さを持った者が使った時に大きな力になる。
Posted by つちー at 2019年08月18日 05:51
共感する。あくまでデータだ。データは結果や集計であり、見えない【過程】は含まれない。自分は過程を大事にしたいと思う。
Posted by スポG at 2019年08月19日 20:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。