2019年09月12日

希望を抱いて

後悔は過去を変えようとする作業。希望は未来を変えようとする作業。しかしどれだけ後悔をしようが過去は変えられない。それに対して希望を強く持てば未来はこれからいくらでも作り出していける。後悔は過去の一点に自分自身を縛りつけるのに対して、希望は未来をどんどん広げていってくれる。後悔をしているのであれば、後悔の原因だけを分析して、原因を改善することで未来に起こりうることに対して希望に繋げていきたいものだ。後悔の念に縛られてしまうと、今、そして未来の現実的な時間は生きていたとしても、心の中の時間は生きていけないのだから。常に希望を抱いて生きていきたい。
posted by Takahata at 00:11| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
希望がないと先には進めない。自分で希望を見ようとし続けてきたしこれからもそうしていく。そしてたくさんの人に希望を見るためのお手伝いを頂いた。自分の希望の光が誰かの役に立てばそれは素晴らしいことだ。
Posted by つちー at 2019年09月12日 07:56
自分の発言が、自分の考えが自ずと人生の選択しているのだと感じる。今この瞬間も自分の考え方次第で変えられる。仮に悲観してしまいそうになったら、前を向いて事実を受け止めて、更に前に進んでいくべきだと思う。
Posted by スポG at 2019年09月13日 16:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。