2019年09月17日

手間と手抜き

小さな手抜きが積み重なれば、大きくなって大切な夢が、その手から抜け落ちていってしまう。小さな一手間を惜しまずに積み重ねていけば、大きくなって大切な夢にその手を近づけていける。手抜きか?一手間か?この一瞬の小さな差が、未来に大きな差となる。その瞬間、瞬間の小さな差。だからこそ、強く意識していないと人間は易きに流されてしまう。流されないためには、一手間をかけていくこの手でその夢を絶対に掴み取るんだという強い意志が必要になってくるだろう。実際、労力的には小さな手抜きも、小さな一手間もさほど変わりはしないものだ。
posted by Takahata at 01:43| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
手間と手抜きを選択できる場面がある。そこで自分がどちらを選択するかだ。全て選択して行動しているはずだから、手抜きしたいと漠然と感じてしまうが、自分は目の前ではなく未来を見据えて手間をかけたいと思う。
Posted by スポG at 2019年09月17日 16:15
手抜きをしてしまうことはあるが手抜きの質って大切だと思う。しっかりやることをやりながら抜けるとこは抜く。それができれば手抜きはときにしていいと思う。
Posted by つちー at 2019年09月18日 05:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。