2019年10月04日

未来へ

プロ野球の自由契約の時期になった。選手たちにとっては、小さな頃から夢見てきた世界。その夢に向かって、人は人知れず流す汗がある。人は孤独な中でもがき続ける苦悩がある。人は自分が壊れてしまうのではないかというくらいの忍耐がある。それは明日を夢見ることができるから。夢に一歩でも近づいていこうとするから。夢にも終わりが訪れる…望まなくても突然終わりを突きつけられる。その時に人は人知れず流す涙がある……本人ですら正確に言葉にできない分からない涙がある。様々な思いが溢れ出る涙。小さな頃から続いた夢見る時を過ぎても、人は未来に向かって生きていかなくてはならない。信じている。夢を本気で追い求めてきた力を。夢に向かって踏ん張り抜いてきた力を。夢に向かって誰よりも多くの汗を流すことができたことを。それがあれば未来を自らの手で作り上げていけると。
posted by Takahata at 00:33| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
夢は叶わなくてもその過程で得たものは大きい。その夢がダメでも得たものを生かしてまた次の夢を追う。夢は永遠に続く。
Posted by つちー at 2019年10月04日 07:16
現役を終えてからの人生の方が長い。終えてもそれは新たなスタート。どん底ではないし、自分の人生を2回も大きく作れるなんて一握りであり幸せなこと。幸せは自分の心次第だから、心を失うことなく、前に進んでいってほしいと思う。
Posted by スポG at 2019年10月04日 20:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。