2019年10月06日

感謝

もし…スポーツというものが存在していなければ、自分の人生はずいぶん色褪せていたものになっていただろう…と感じる。悔しさや辛さや悲しみ、喜びや感動や歓喜。様々な感情が突き動かされる。スポーツと関わりながら人生を送ってこれた幸せを感じる。選手として、そして選手を支える側の仕事として。役割は変われどスポーツは自分の人生に様々な彩りを与えてくれて、心を豊かにしてくれる。生きている実感を強く与えてくれる。上手くいかないこともあれば、上手くできることもある。負けることもあれば勝つこともある。それがスポーツ。もし…スポーツがなかったら…そう考えるとスポーツに本気になってプレーしてきたことも、本気で仕事できている今も感謝の想いでいっぱいになる。
posted by Takahata at 03:38| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
自分の人生において、死ぬ気で身をこにして長年向き合ったことは、その人の人生の軸や元になることが多い。スポーツであってもそうでなくても、そういうものを持っている人は、見えない魅力として人に写っているように思う。人間としてより魅力的でありたいと思う。進化は続く。
Posted by スポG at 2019年10月08日 12:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。