2019年11月30日

アナログ

今の若い子達はレコードとかを知らない。ないのだから知らないのは当然だが。好きなレコードを買ってきて、心踊らせてレコードプレイヤーに置いて針を置く瞬間の心のときめき。デジタルではないアナログ。ラジオのチューナーを手で微妙に調整して合わせながら、そこから雑音混じりに声や音楽が流れてきた時のワクワク感。アナログにはデジタルにはない、何というか心の温かみや豊かさがあったような気がする。何かをするにも簡単にはいかない。そのためにあれこれと手間ひまかけて準備して走り回り。そしてやっと手にできる喜び。準備も含めてのワクワク感。スマホひとつあれば今は全ての手間暇は省ける。レコードに比べたら音声もいいのかもしれない。それでも何故かデジタルではないアナログに心惹かれてしまう。
posted by Takahata at 00:03| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
自分もアナログが心温かく好きだ。物が無い時に、それでも工夫して情報を得られる手段や手間暇をかけて娯楽を楽しむ。とても人の心や意志が明確で深くあるように思う。古い人間になってしまったと言われればそれまでであるが、大切なものは忘れてはいけないと思うし、持ち続けていきたいと思う。
Posted by スポG at 2019年11月30日 22:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。