2019年12月05日

人生の長距離走を

人生という長距離走をどのように走り切るかを考えることがある。ひたむきに前だけを見て懸命に走るのか、ゆっくりと周りの景色を眺めながら走るのか、はたまた疲れてもなお自分自身に鞭を打って走り続けるのか、疲れたら休息を取りながらマイペースを崩さず走るのか。最初からゴールを意識してペース配分を考えて走るのか、全速力で走り続けられるところまで走るのか。人生の長距離走はその走る距離は人によってそれぞれ。走り方も人それぞれ。どれが正しいとかはないのだろう……それぞれが自分の考えを持って自分の走りをしていくしかない。人生のゴールは恐らく突然に訪れるのだろう。その時に後悔するような生き方だけはしたくないなと強く思う。だからこそ考える。自分の走りはどうなのか?と。ここまでは、前だけを見据えて全速力で休むこともせず、走り続けてきたような気がする。ここまでの走りに後悔はない。でも、ここから先は?このまま今までと変わらず走るのがいいのか?を考える。考えの答えは出ていないが(笑)少し位は自分に優しい走り、周りの景色を楽しむような走りをしてもいいのかもしれないな……とも感じる自分もいたりする。
posted by Takahata at 00:20| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
きっと、人生を真剣に走ってこられてきたからこそ、立ち止まることも必要なのかと感じます。質を落とさず、ペース走ならぬ、自分の気持ちや余裕、走りやすいペースで両方を求めていくことも可能なのどはないかと思う。それは真剣に人生を歩んできたからこそ。走りの選択肢が多いなら自分で選べる良さがある。エイド(給水)で走りを止めても問題はないように思う。
Posted by スポG at 2019年12月06日 23:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。