2020年01月11日

想像力を

今、スター・ウォーズが騒ぎになっている。僕が小学校の頃に映画館で観た覚えがあるから、凄く長い期間次々に映画が作られてきたんだなぁ、と実感する。それにあわせて、ふと思う。今は現実社会でも宇宙開発がかなり進んでいる。卵が先か鶏が先かではないが、スター・ウォーズの宇宙の世界、未来の宇宙開発のイメージをジョージルーカスは想像していたのだろうか?また、その想像の世界の映画化が現実の宇宙開発を加速させた側面もあるのではないだろうか?ということ。人間の想像力の広がりが開発者を刺激するという面はあるような気がする。裏を返せばイメージできることは、ある程度は実現化させていくこともできるということ。それは漫画のドラえもんも同じだ。こんな世界、こんなモノ、そんな想像力を掻き立てられるからこそ、人間は初めて創造力を駆使していこうとするのかもしれない。
posted by Takahata at 00:10| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
想像力は大きく広く持っていたいと思う。形にするには、時間や工夫も必要であるが進めていくことで、可能にしていける。想像力の未知なる希望や楽しみで変わっていくのだろうと思う。
Posted by スポG at 2020年01月12日 00:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。