2020年01月12日

見えない壁に

10秒00と9秒99との間のコンマ1秒の壁。日常生活では誰一人意識をすることもない時間。この壁を破るために何年もかけて、飽くことなく百メートルという距離を数えきれないくらいの本数走る。走る度に壁に跳ね返され、壁に打ちのめされ……それでも、その都度立ち上がり、また挑んでいく。そのコンマ1秒の壁。それは限界まで挑もうとする者にしか感じることのない壁。いや、感じることができない壁。自分の進化を求めないと打ち破ることのできない壁。その壁は高いが、だからこそ挑戦者の希望を掻き立てる。アスリートは今日もその見えない壁に挑み続けていく。
posted by Takahata at 00:35| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
【できない】と自分で決めつけていたり、人から無理だと言われて諦めていたら、何も進化しないし、変化もないと思う。できないや無理をできるにしていくのは、そこに挑戦し突破しようとする気持ちや準備で不可能を可能にしていけると自分は思う。そこに時間はかかるかもしれないが、限界を人から作られることがあったとしても、自分で限界を作ることだけはしたくない。
Posted by スポG at 2020年01月12日 23:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。