2020年01月28日

生きる

時代の流れと共に無数のことが変化していく。しかし変化してはいけないこともある。それは人間が生きるということ。それは単に息をして生きるということではなく、自分の生き甲斐をもって生きるということ。薄っぺらな中で生きるのではなく、より深い真実の中で生きるということ。流れの中で流され見失い、そして大量の流れの中で薄められてどんどん自覚から無意識へと置き去りにされていくもの。人間が人間である意味、自分が自分自身である意味、その意味を深くまで探求して生きていかなければ、大きな流れの中で埋没していってしまうかもしれない。
posted by Takahata at 01:52| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
良し悪しを除き、自分の意志や自分の意見をしっかりもっていたいと思う。先ずはそこから自分という存在を示すのだと思う。自分が無いのに生きるということを考えるのは、個が無く消えているよう思えてしまう。
Posted by スポG at 2020年02月04日 22:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。