2020年05月15日

時には自己を主張

三方良しというが、いざ!という時には全ての意見に耳を傾けて全てに応えていこうとしてしまうと、目指す方向性に一貫性が見られなくなるし、判断がことごとく遅れてしまい、さらには行動力が鈍くなってしまう。今回のコロナに対しての政府の対応はどうしても後手後手に回ってしまったように感じる。平時の取り急ぎの案件がない時であればそれでもいいのだろうが。。。いざ!至急!を要する際には、やはり全てに良しとはならないだろうし、全てから納得を得られることも賛同を得ることもできないかもしれない。それでも、責任を全うして一貫性を保ちながら、素早く決断して行動に移していくことも大切なのだろう。これは国という大きな単位だけではなく、会社やスポーツチームなどの組織でも同様のことが言えるだろう。時には八方美人ではなく、明確な自己主張も求められることもあるように思う。
posted by Takahata at 02:07| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そう思う。今誰もまだコロナの行く末は分からないが、その場で先を見据えながら見極めていかなくてはならない。全ての人の意見を聞き入れても自分の判断が揺らぐだけならば、自己主張して良いと思う。
Posted by スポG at 2020年05月15日 20:35
八方美人でなく、自分の思い込み、信じる道の自己主張が必要なタイミングもありますね!
壁を突き破りながら進むべきタイミングかと思いました。
Posted by いーちゃん at 2020年05月16日 19:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。