2020年05月29日

素直に

白紙には何でも書ける。過去も書けるし、未来も書ける。文字も書けるし、絵も描ける。写真だってプリントできる。好きな色だってつけていける。白紙は無ではなく実は無限の可能性を秘めているものなんだろう。しかも規定されずに自由自在に自分を表現していくための。恐らく心が素直な時は自分に対しても人に対しても白紙の状態で接することができるのだろう。何にも妨げられることなく、心のノートにありのままを刻み込んでいけるのだから。そのためには常に心の中をクリアーにしておかなくてはいけないだろう。
posted by Takahata at 00:10| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
心の中はクリアでありたいと思う。欲や感情が乱れることは、誰にでも起こりうることだと思う。そんな時は、自分1人で考え込まずに、人に話せるのなら話した方が気持ちが整理され、自分の気持ちの現在地を確認できるように思う。今は孤独や疎外感を感じやすい時期ではあるが、また以前と同じように戻れたら、白紙には沢山の言葉や色が加わり、心もクリアにしにくくなるかもしれない。自分ができることには限度があるが、自分の為に1つでも小さくても変化が必要な時があるように思う。
Posted by スポG at 2020年05月29日 20:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。