2020年06月04日

人類は

人間は月にも行けるし、最速のリニアモーターカーを開発できたりして卓越した頭脳を保有しながらも、目に見えないコロナには対応できなかった。いや、時間をかければ対応はできていくのであろう。今を生きている僕たちは、今あるものを当たり前のように享受して生きているが、今あるものも長い時間をかけて開発されてきたものばかり。月を見上げて切望していた時代の人々からすれば、当時の憧れだったのだろうし、大した薬もない時代に多くの病で亡くなられた方々にとっても治療薬は喉から手が出るくらい欲していたものだったろう。人類はその頭脳で長い時間をかけてあらゆるものを開発し続けてきた。人類の叡智を驕ってはいけないが、同時に侮ってもいけない。それでもコロナの一日も早い終息を願わずにはいられない。
posted by Takahata at 00:15| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そう思う。見えない忍び寄るウイルスに人間である自分達も戦いながら、共存していかなくてはならない。明確な発生源が分かれば対策が練りやすいが難しいのだろう。マスクをせずに大きく息を吸ってはき、人と会話をして沢山笑いたい。
Posted by スポG at 2020年06月04日 15:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。