2020年06月11日

興味のある学び

昔は物理とか苦手で赤点ギリギリだったりしたものだ。分かる気も全くせずに、授業も上の空だったような記憶が……しかし、この年齢になり再度自分なりに勉強してみると難しいとは全く感じず、逆に楽しく感じたりする。何故?物理を?それは、選手達の動きを考える時に運動力学的にも考えているから。その運動力学の基本となるのが物理になる。大人になったから、少しは頭が良くなったのかな?と最初は思ったのだが、やはり興味があるか、ないかの違いだと気づいた。昔は勉強と捉えていたが、今は選手の動きに興味があるので、興味があれば楽しく学べるものなんだなぁ、と改めて実感した。本来、勉強なんて誰かと競って点取虫になることではない。知りたいことを興味を持って学んでこそ、学んだことが自分自身の血肉になっていく。その証拠に受験勉強であれだけやったことが今では頭の中にほとんど残っていない。いくつになっても興味のある学びは楽しいものだ。
posted by Takahata at 21:30| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
自分の競技に勉強を繋げていけたら、学びも違った角度から伸ばせたように感じる。興味や楽しさ、関心をもっと持つべきだったと感じる。自分の可能性を視野を広く持って繋げていきたい。
Posted by スポG at 2020年06月11日 21:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。