2020年07月28日

意識と無意識

バランスを敢えて崩すことで、逆にバランスを保てるということがある。意識的にバランスを保とうとすると手動化した動きになり、こぢんまりとしてしまうが故に逆にバランスを取りづらくなったりすることもある。そんな時に敢えて意識的に大きくバランスを崩すことで無意識下でその崩れを補正しようという自動化された働きが生まれてバランスが保たれたりする。意識するというのが手動であるとすれば、無意識は自動化。意識すると行動になるが、無意識は反応を引き出す。意識的にバランスを崩せば、無意識にバランスは保たれる。この相反する働き。この辺りのことが心身ともに自分の研究テーマにもなっていたりする。人間の面白さでもある。
posted by Takahata at 11:41| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
他人に頼ったりせずに自分1人でできるなら、どんどん取り入れるのは良いと思う。自分視点だと、戻せるものは良いが戻らないものもあるように思ってしまい、自分が崩す前に見極める必要もあるように感じた。
Posted by スポG at 2020年07月28日 22:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。