2020年07月29日

頭の中の整理

頭の中を整理しようとする時に、感情的な視点でとらえた様々な事実を、時系列的に線の上に並べていくと不思議とそれらが客観的な色あいを帯びて見えてくるものだ。感情的になっている時には見えなかった事実と事実の繋がりや相関関係が明確になっていく。引き出しの中に何でもかんでも思いのままにモノを放り込んでいるとゴチャゴチャして何が入っているのか分からなくなる。そして何が必要なモノで何が不必要なモノなのかも。しかし、一度それらのモノを目に見える形で整理整頓すれば何が不必要なモノなのか?などが見えてくる。感情というのはモヤモヤグチャグチャしている。それを引き出しの中に順番に並べていくように、感情的な視点でとらえていた事実を時系列的に並べてみるということ。そうすると単発的に見えて事実が他の単発的な事実と繋がっていることが分かったり、事実と思っていたことが客観的な視点で見たら別の事実に見えたりもしてくるものだ。頭の中の整理をするというのはとても大切だと思う。
posted by Takahata at 00:12| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
自分は、一度に全部感情の箱に気持ちを入れる。それから、全部を1つ1つ片付けていっている。理想は、1つ1つ整理してから入れたいが、今は箱に入れることで精一杯だ。感情をコントロールできているようで、イレギュラーに弱いのかもしれない。もっと頭をシンプルにしていかないといけないと感じている。
Posted by スポG at 2020年07月29日 19:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。