2021年07月18日

意志へと育つ

人の歩く道は決して自分一人だけのものではない。多くの人々の歩みと交差して、混ざり合い、必ず太い道が築かれていく。例え一人の抱く志は小さくても、山の朝霧が集まり、やがてせせらぎが川へと育ち、いつか大河となって海へと注いでいくように確かな志は確かな意志へと育っていくだろう。最初は小さかったものも大きく育っていく。それを成し遂げることこそが人生の一つの意義でもあるような気がしている。そのためにも、自分自身がどういった人々と交錯していくのかが問われていくようにも思う。それは人生の醍醐味でもあるのだろう。
posted by Takahata at 00:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。