2020年12月04日

将来への階段

過去しか見ない人もあれば、将来を見据える人もある。過去ばかり見て将来にも悲観するのか…将来を見据えられる人は現状の問題点と将来に向けての具体的な解決案を持っている。過去しか見えない人は過去の呪縛に縛られて過去から何も学べてはいない。人は将来への階段を上がらなくてはいけない。
過去の時間は取り戻せないが、将来への階段は自分が引いていける。過去に足踏みしていても先には一歩も進んではいけない。適切な階段を引いていくためには問題発見力と問題解決力が求められる。冷静な頭脳と前に進んでいこうとする前向きな情熱とがなければならない。過去に縛られて過去に振り回されていては明確な将来を築いていくのは難しくなる。やればできる、やらなければできない。過去から将来を切り拓くのは他でもない自分自身。
posted by Takahata at 00:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月03日

勇気と無謀

似て非なるもの。勇気と無謀は違う。無謀とは何も考えずにただ突っ込んでいく愚かな行為。勇気にはその先に希望がある。自分の望みが叶いそうだという見通しがあって初めて出てくるのが勇気。勇気には明確な道筋があり、冷静な行動力が伴う。無闇やたらと思いつきだけで動くのが無謀。無謀だと道筋もなければ行動も単なる行き当たりバッタリになってしまいがちだ。また途中から一か八かの自棄な行動にもなりがちだ。勇気を持つには未来に明るい希望を描けなければいけない。暗闇の中では目指すべき方向性すら見えてこないだろう。真の勇気を持てた時には必ずや自らの手で自らの将来を切り拓いていくことができるだろう。
posted by Takahata at 00:42| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月02日

夢を

今は現実的な子が多いと言われるが、ある年齢くらいまでは純粋に夢を見てもいいのではないかと思ってしまう。監督と選手とが一緒になって本気で夢を追いかける時間。仮にその夢が実現せずに夢で終わったとしても…人生の中でそんな夢を見る時間も必要なのではないかと。現実を見据えることは大切だ。しかし、現実ばかりを見て、できるだろうと自分で決めた範疇でしか生きられないのも寂しいような気もする。大人になれば嫌でも現実を重視しなくてはならない部分も大きくなる。夢を見るということは、自分の考える範疇を遥かに超えた壮大な自分の姿を想像することでもある。でも、それを夢見てそこに向かい無我夢中になる時間がせめて学生時代くらいはあってもいいのではないか…と。周りからどう思われようが、何を言われようがアホみたいにその夢に情熱を注ぐ時間。結果として夢破れる。いいではないか!とも思ったりする。夢を描けなかったより、夢を描いてそこに近づこうと懸命に打ち込んだその過程の時間こそが重要なのではないかと思う。
posted by Takahata at 00:03| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月01日

頭も心も自由に

小さな頃はあらゆる面で、できないことは多かった。でも、頭や心はどこまでも自由だった。大人になるとできることはたくさん増えたが、頭や心が不自由になってしまった人が多いような気がする。生きていく中で、無意識のうちに様々な制限や限界や常識などに完全に縛られていってしまうのかもしれない。そして、自分ができるようになったことの範疇で生きていこうとするのかもしれない。そんな勿体ない人生にするのではなく、頭も心も自由自在に解き放ち、どんどん挑戦していける人生にしていきたいものだ。
posted by Takahata at 00:28| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月30日

過去からの学び

過去は人を縛る。今まで上手くいかなかったらもうダメだと思うのは過去への執着。過去の経験を生かすためには、いかなる過去も肯定も否定もせず単なる事実として受け入れること。そうすれば過去は糧になる。事実は冷静にたくさんの学びを与えてくれる。正当化も過小評価もせずに一つの経験として捉えていくようにする。事実をありのままに見て分析していく視点が必要になる。できる限り主観を排除していけるようにする。過去は過去。たとえ、たくさんの過ちを犯したとしても、過ちが去ったからこそ過去。過ちを学び糧にできたら、過去にダメだったから今も未来もダメということにはならないはずだ。逆に過去を生かせなければ今も未来も同じ過ちの繰り返しになる。今を生きることで過去を乗り越えていきたいものだ。
posted by Takahata at 00:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月29日

予習復習

授業がそうであるように、練習も予習と復習が大切。練習は頭で練ったこと(考えたこと)を習い、習ったことを頭で練ること。練習に対しても、練るという僅かなひと手間をかけるかどうかで練習の成果は違ってくる。練って練って練り上げたものは、当然成果も精度も上がっていく。勉強もスポーツも成果を上げていく過程は同じことだろう。さらには仕事でも同じだろう。その場だけで何かを漠然とやってもなかなか身にはなっていかない。三つ子の魂百までという諺があるが、小さな頃から何かを通して予習復習の習慣をしっかりと身につけていきたいものだ。
posted by Takahata at 00:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月28日

伝統との付き合い

伝統を大切にすることと、伝統に縛られることとは別の問題。過去にこだわって変化を拒絶していると、弊害ばかりが際立って時代から取り残されていく。伝統を守るために大切なのは、まさしく温故知新。伝統の本質は大切にしながらも時代に合わせて伝統も進化していかなくてはいけないだろう。伝統は重いものだが、過去にだけ縛られてしまうとその重さに押し潰されてしまいかねない。常にブラッシュアップして余計なものは削ぎ落としたり磨き上げたりしていかなくてはいけない。
posted by Takahata at 00:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月27日

勝負の面白さ

同じ勝利でも、自分の力で打ち勝ったのと、相手が負けてくれて勝ったのとでは大きく違ってくる。相手のミスがたくさん積み重なって勝っても、勝ちは勝ちだが、心の中での真の勝利感は小さくなる。お互いの力を全力で出し切って、素晴らしいプレーの連続での接戦は苦しくもあるが、それで打ち勝った喜びは例えようのないくらい大きなものだろう。自分の中で記録に残る勝負と、記憶に残る勝負とがある。勝敗を越えて両者の好プレーでの接戦、激戦は勝っても負けても強く記憶に刻まれていくことだろう。戦いの過程は厳しく苦しくキリキリ胃が痛むような試合展開かもしれないが、同時にそんな戦いの中に身を置けている楽しさや喜びもある。勝負とはなんとも不可思議な面白さがあるものだ。
posted by Takahata at 00:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月26日

理想と現実

人間は理想を描く。現実を生きる。そして理想と現実の間で苦しむ。ここで、なお理想を追いかけられるか、現実に打ちのめされてしまうのか…ここが大きな分岐点。確かに現実に対して自分の目線を合わせた方が生きやすいかもしれない。それが生きるということだよ、と言われるかもしれない。でも、どんな時でも、どんな現実に直面しても、苦しくても辛くても理想に目線を合わせて一歩ずつでも一センチでも近づこうと進んでいく人が結果として理想にグッと近づいていけるのだと思う。喰らいついて喰らいついて喰らいつく。意地でも理想に辿り着いてやると絶対に理想から目を逸らせずに、迷わずにそこに歩を進めていくことを覚悟というのかもしれない。
posted by Takahata at 00:29| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月25日

改めて

人は失って改めて大切だったものに気づいたりもする。当たり前が当たり前ではないことを思い知らされる。当たり前の時には不平不満を抱いていたことも、無くして感謝の念がわいたり。災厄はその怖さと同時に人が生きる上で普遍的な大切なことも改めて教えてくれる。失う前に常に意識しておくのがいいのは当然だが、ともすると当たり前の中に生きているとついつい意識が薄れてしまうこともあるだろう。改めて。この改めてというのを人は災厄などで経験させてもらっているのかもしれない。人が生きるというのは、この繰り返しなのかもしれない…忘れ、改めて気づき、忘れ、改めて気づき…
posted by Takahata at 00:02| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月24日

ダメを断ち切る

今がダメだから未来もダメとは言えない。今がもしダメなら過去にその原因は必ずある。その原因を改善すれば、明らかに未来は変わっていくだろう。問題は今がダメだから、どうせこの先の未来もダメだろう…と今を投げ出してしまうこと。そうなるとダメダメのスパイラルにはまっていってしまう。ダメはどこかの段階で踏ん切りをつけて断ち切っていきたいものだ。そのためには過去のダメな原因を徹底的に洗い出さなくてはいけない。そのためには過去の自分と良い意味で決別する覚悟が必要になるだろう。未来に繋がる今を生きるために。
posted by Takahata at 00:04| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月23日

何が残る?

練習が終わって自分の中に何が残っているか?を自問自答してみる。スッキリ感がいいように感じるが、それでは練習のための練習になっている。モヤモヤ感や疑問が残る練習はいい。それは自分の中に何らかの課題が見つかるチャンス。練習後にモヤモヤや疑問を考え抜く。聞く、調べる、これも大事な練習。肉体を酷使して、肉体の満足感、やった感を得ることが練習の目的ではない。練習は上達するため、さらに上を目指すためにするもの。スッキリ終わるということは、何の壁にもぶつかっていないということ。本来なら練習なんて壁にぶつかり、壁で悩み、壁を乗り越える方法を考えて、それを乗り越えて一歩上にいくためのものだが。
posted by Takahata at 01:56| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

光と影

プロ野球で2000本安打を打つと名球界入りをする。千里の道も一歩からという言葉があるが、一本一本の地道な積み重ね以外に辿り着く道はない。しかし、それ以上に忘れてはいけないのは2000本の栄光の裏側には6000本〜7000本の凡打があるということ。2000回のファンからの拍手や喝采とその何倍ものヤジや怒声。ともすると、人は成功を収めた人の光の部分だけに目を向けて凄い!と口にする。でも本当の凄さは、凡打して球場の多勢のファンからのヤジや罵声をどれだけ浴びようが、それに耐えて、それを乗り越えて次の打席に向かうことこそ凄いと感じる。一般の人が一気に多勢からこんなヤジや罵声を浴びることはないだろう。下手をすれば、テレビやスポーツ新聞でも叩かれる。それを受け止めて、なおも、めげることなく打席に立ち続けられた者しか辿り着くことのできない大記録。不調で打席に立ちたくない時もある。身体の痛みで試合に出るのが困難な時もある。ファンがとても怖く感じる時もある。そんな中で結果を出せずに苦しくて辛くてたまらない時もある。それでも逃げ出すことはできない。与えられた打席でベストを尽くし続けていくしかない。自分の仕事はそんな選手達のメンタルを支え、強くしていく仕事。選手よりも自分の中に強さがなければ接することのできない仕事でもあると感じている。
posted by Takahata at 01:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月22日

アドバイス

考えながら取り組みなさいと言われることがあるでしょう。そのアドバイスですが、、、そもそも考えていない人なんていない。その考え方をどのようにしたらいいのか?をアドバイスしてあげなきゃ、、、と思う。アドバイスする人がまず、どのように伝えるかを考えていかなくてならない。できない=考えていないという考え方から変えていく必要がある。逆にできないのは、間違った考え方で考えてしまっている可能性の方が高いのだから。
posted by Takahata at 00:03| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月21日

継続していく

生け花の花。その花の色は花瓶の中にあっても、大地に根差して咲いていても色そのものはそう変わらないだろう。そしてやがてはどちらの花もいずれは散ってしまう。花瓶の花はそこで終わり。しかし大地に根差した花は結実して新しく芽吹く。今だけの成功なのか、未来に繋がる成功なのか。目先だけを見れば同じように見える物事でも、それが未来にしっかりと続いていく形なのか、ほんの一時の形なのか。。。仕事というのは、一時的なブームとかではなくしっかりと未来に続いていく形を模索していかなくてはならないと感じる。
posted by Takahata at 00:34| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月20日

自己と志

一つ目は、例えどんな場面に出くわそうが、決して揺るがない確立された『自己』を持つこと。二つ目はどんな状況に置かれたとしても石にかじりついてもやり抜こうとする『志』を持ち続けること。そうすれば浮わつくこともなく地に足をつけた生き方をしていけるだろう。何かを成し遂げていくためには、この二つのことがとても大切になるような気がする。自己がしっかりと確立されていなければ、途中でブレブレになってしまい、自分が何をやっているのかが分からなくなったり、簡単に自分自身が崩れてしまい長く続けていけなかったりしてしまう。志に関しても言うまでもないことだろう。やるのは簡単。やり続けるのは困難。やっていることを成し遂げていくことは難関。生半可なことでは決して辿り着くことはできない。
posted by Takahata at 15:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月19日

練習はできることを当たり前にできて満足を得る場所ではない。できないことをできるようにするための場所。だから、できないことを恥じる必要もなければ、できないかもと不安に感じる必要もない。練習はできないことを炙り出し、できないを少しでもできるに近づける場所。それにエネルギーを注げばいい。できないことがないのであれば、もはや練習などする必要すらないのだから。周りと比較して優越感や劣等感に浸る場所でもない。できることもできないことも人それぞれ。練習では自分のできないことに真正面から向き合えばそれでいい。単純にそれだけのこと。
posted by Takahata at 00:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月17日

流れを逃がさない

試合中は自分が納得がいくプレーができずにふて腐れたり、イライラ苛ついたり、ミスプレーして落ち込んで暗い顔をしたりしないように心掛けたい。感情や雰囲気はチームに伝染する。そうすると流れが向こうに行ってしまう。流れはそんな些細なことで変わってしまう。悪い雰囲気は悪い流れを呼び寄せる。淀んだ雰囲気は流れを淀ませてしまう。自分一人でプレーする訳ではない。自分の感情のおもむくままに任せるのではなく、チームの一員である自覚をしっかりと持って自分の感情を上手にコントロールしていきたい。大切な流れをグッと自分達に引き寄せるためにも。
posted by Takahata at 00:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月16日

ミスの過程

結果ミスなら、過程も全部悪いかと言えば必ずしもそうとは言えない。結果だけ見て全てを否定してはいけない。それをしてしまうと積極性が消えたり、結果良ければ全て良しという選手になっていきがちになる。罪を憎んで人を憎まずではないが、ミスを全面否定するのではなく、一連の流れを分析してミスの起きた場面の原因を冷静に考えることは大切だろう。過程が良かったのであれば、逆に誉めてあげる。ミスをする怖さを解消してあげる。人間がやることには必ずミスは伴う。本人の中でミスしても平気、ミスしたいなんて考えている人間なんて一人もいないのだから。誰もが何とかしたいと思っているのだから。
posted by Takahata at 00:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月15日

情報と視覚化

亡霊はいるかいないかは分からないが、見えない怖さがある。正体が掴めない怖さも。人間のその辺りの潜在的な恐怖感。だからこそ、敵を視覚化し、敵の情報を可能な限り集めていく。そうしていくことで見えなかった敵の姿が見えてくると怖さも半減していくのでないだろうか。スポーツでも日常のあらゆることにおいても言える。見えないもの、知らないものに対してはどんどん妄想が広がりモンスターを作り上げてしまう危険性がある。等身大の敵を知ることはそこにストップをかけてくれる。ただし、間違った情報はさらに恐怖心を煽られてしまう危険性もあるので、情報の真偽はしっかりと見極めていかなくてはならない。そのための情報の分析力は必要不可欠なものとなる。
posted by Takahata at 00:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする