2019年09月03日

一日

たかが一日、でも一日に集中すれば実はかなりの事ができる。一日を漠然と過ごしても一日。しっかりと打ち込んでも一日。日常は一日の積み重ね。ともすると日常に生活がマンネリ化して一日の意味や重さを忘れがちになりやすい。どんな一日にしていくのか明確な意志がなければ日常に流されていってしまう。余程の覚悟がなければ、自分が一日を明確にコントロールすることは難しい。しかし人生は一日一日の積み重ね。未来も今日、明日、明後日という一日の積み重ね。やはり一日はかけがえのない一日だ。当たり前のことを再認識していきたい。
posted by Takahata at 00:16| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月02日

一途に一つごと

一途に一つごと。大事にしている生き方でもある。これには分岐点があるように思う。何かを始めてしばらくすると何となく分かったように感じたり、できるようになった感じがしたりする。この時に、飽きたから次の何かを?となるのか、ここからさらに探求して深堀りしていけるのか?分かったこと、できるようになったことに慢心する以上に、分からないことに、まだできないことに興味を持てるかどうか。どんなことも、もしかすると一生涯探求し続けても辿り着けないようなものなのかもしれない。そこに辿り着けないかもしれなくても、でもやる以上は少しでもそこに近づいていきたいと思っている。知れば知るだけ知らないことを理解し、分かれば分かるだけ分からないことを真摯に受け止め、できるようになってもできないことの深さを精進していける自分自身でありたいなと常々考えている。
posted by Takahata at 00:16| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月01日

チャンスを掴む

チャンスを与えられないなら、自らがチャンスのきっかけを作り出していこう。チャンスを与えられないことを人のせいにするくらいなら、自分自身をさらに高めていこう。チャンスがないことにふて腐れているくらいなら、今こそ自分の実力を地道に積み上げチャンスを掴むためのチャンスと考えていこう。大切なのは自分にはチャンスがない、チャンスから見放されているという考え方を捨てること。そしてチャンスとは何かをしっかりと見極める目を持つこと。さらにはチャンスをうっかりと見逃したり消極的になってつかみ損ねたりせず、来た時には積極的に掴み取ろうと手を伸ばすこと。
posted by Takahata at 03:12| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月31日

好きな道を

好きな道をひたむきに探求し続けていくこと。好きな道を通じて自分を磨いていくこと。好きな道を自分を信じて孤独でも歩み続けていけること。好きな道を進む中で一日一日進化していけること。好きな道でも時に道に迷い、見失いそうになる時もあるだろう。でも好きって純粋な想いに立ち返れるといいね。思い通りに進まなかったり、不調になり、もういいや!と投げ出してしまいそうな時もあるだろう。でも好きな道を投げ出して後々に失ったものの大きさを知るくらいなら、今をグッと踏ん張って好きな想いに正直になろう。誰からも反対されることもあるだろう。でも、それが自分が好きで進みたい道であれば、他人の目なんて関係ない。自分の人生は一度きりの自分の時間なんだから。好きな想いに真っ直ぐに正直に生きてこられたかな……とは思っている。
posted by Takahata at 00:22| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月30日

いつの日か

部活をやっている今は、監督に対し時に面倒に感じたり反発を感じたりすることもあるだろう。渦中にいる時はそんなもの。引退したり社会人になって、改めてその大切さに気づかされることもある。親元を離れて初めて親への感謝や愛情を自覚できたりするように。そんな時、監督に元気な顔を見せに行ってあげてほしい。誰もが相手が嫌がることを言いたくはないだろう。誰もが怒りたくはないだろう。それでも、相手を本気で思えばそうしなくてはならない時もある。愛情を込めて育てようとするからこそ、厳しく見えることをしなくてはならない時もある。そういった監督の思いがいつか理解できて、感謝を伝えられたらいいのにと感じる。
posted by Takahata at 00:44| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月29日

残せるもの

負けたから、後輩に何も残せなかった訳ではないだろう。勝って残せるものもあるし、負けたからこそ残せるものもある。あと一歩勝ち切れなかった、あと一歩がどれだけ難しいか。その一歩を越えていくために、どれだけ多くの汗を日頃流さなくてはならないか。どれだけ自分に厳しくなくてはならないか。あと一歩だったと口にすることは簡単だ。しかし、その一歩を埋めるのがどれだけ困難なことだろうか。単なる試合結果ではない、その過程こそが残していける一番大切なもののように感じる。
posted by Takahata at 00:16| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月28日

大変

大変だ、大変だ、と口にするが、大変とは大きく変わると書く。大変なことは大きく自分自身を変えていくチャンスになる。大変と感じるということは、まだ自分はそのくらいの実力しかないということ。つまりは今の自分のままでは乗り切れないということになる。自分を変えなくてはいけない。そのようにして目の前の大変を乗り切った時には、結果的に大きく自分自身が変わった実感を持てるだろう。脱皮といえば表現はおかしいが、人生は大変さを乗り切る中で少しずつ脱皮を繰り返し自分を大きく進化させていく時間とも言えるかもしれない。そう考えてみたら大変なことに対しても前向きに立ち向かっていけるのではないだろうか。
posted by Takahata at 01:42| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月27日

固定観念を破る

固定観念は怖い。自分が意識してなくても、知らないうちに〜でなければならない、〜しなければならない、という考えに縛られたりしてしまっている。そうすると自分は狭い世界に押し込まれてしまう。固定観念に常に疑問を投げかける習慣を大切にしたい。本当に〜でなければいけないのか?〜しなければいけないのか?自分が目指している事に対してそれらが本当に必要なのか?もっと違うやり方はないのか?周りがそうしているから自分も同じようにしている必要があるのか?固定観念を打ち破ればその外側には広い世界が広がっている。広い世界には様々な可能性が広がっている。こうでなければならないという頭の中に常に疑問を投げかけてみよう。
posted by Takahata at 04:15| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月26日

輝く時間

好きなことをやれているのは本当に幸せな時間だ。どれだけお金を稼ごうが、お金で好きなことに打ち込める時間が必ず買えるなんていうことはない。よくよく考えてみれば、人生は時間の集積。そんな中でそんなに本気になって好きなことに情熱を注げる今を過ごせていることほど幸せなことはない。周りが何と評価しようが、お金が稼げていなかろうが、求める目標にまだ達成できていなかろうが、まだまだ実力が足りなかろうが…不平不満を探し始めればキリがない。でもそんな全てを引っくり返すくらいに今、自分が好きなことに夢中になれている時間は本当に幸せなんだという想いを決して忘れてはいけない。それは自分が一番輝いている時間なんだから。
posted by Takahata at 00:10| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月25日

いかに走るか

多くのスポーツで足が速いというのはプラスに作用するだろう。いかに速く走るか…しかし、さらに重要なのは、いかに考えて走るかのような気がする。どのタイミングで走るか?状況をどう生かして走るか?どのようなコースで走るか?どのように速く見せるか?などなど頭を使い考えて走れば、仮に足が遅くてもそれを補うことも可能になる。ただ、やみくもに走ってもスタミナは消耗するし、相手も対応しやすくなる。走り一つとってみても、いかに考えて工夫していけるか。速いに越したことはないが、それ以上に走りをどう最大限に生かすかを考えることが大切なような気がする。
posted by Takahata at 00:22| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月24日

一点差

一点差の僅差でのゲーム。点差が強さを示す一つの指標であることは事実。得点と失点の差であるから。得点力と非失点力が高ければ点差は開く。しかし…一点差を守り切って勝ち切るというのは心理的な強さを感じる。負けていれば、まずは同点、そしてその先の一点。勝っていれば相手からじわじわと詰め寄られながらも守り切らなければならない一点。たかだか一点だが、されど一点。この一点が勝者と敗者を分ける大きな一点。この一点は諦めない力、踏ん張り抜く力、喰らいつく力、信じる力…こういった心理的な力が大きく関わっているような気がする。強いチームにはこの一点を攻守に渡り何とかしていける強さがある。
posted by Takahata at 02:23| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月23日

思考の消化吸収

思考は、身体の栄養吸収に似ている。好き嫌いなく何でも口にして、その栄養が消化吸収されていく。不要なものは排泄される。思考も自分に合う合わないに関係なく、まずは他人の意見を素直に受け入れてみる。それを自分の頭の中で消化して栄養を取り入れて思考の幅や深さを作り上げていくことが大切。他人の意見に全く耳を貸さなかったり、他人の意見を拒絶するというのは、身体的には食べ物を摂取しなかったり、好きな物しか食べないという偏りに繋がってしまう。まずは他人の意見を食べて、内臓の代わりに頭の中でしっかりと消化することが必要になる。その中で必要のない思考は自然に自分の頭の中から排除されていくだろう。
posted by Takahata at 01:21| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月22日

仲間

もちろん、競技スポーツは勝負事。グランドに立ってる時は真剣に勝負に挑む。でも、試合が終わった後は、敵味方を超えて同じ競技を真剣に取り組む仲間同志として、競技を通してたくさんの仲間が増えていくのは大きな財産だと思う。そんな心のふれあいがまたスポーツをすることの幸せの一つだと感じる。自分だけしかその競技を世の中でしていなかったとしたら、チームも作れないし、試合だってすることはできない。そう考えたら、他にその競技をする仲間がたくさんいるからこそ、成り立つ世界でもある。その意味では仲間が増えていくというよりは、すでに大きな意味では仲間なのだろうと思う。
posted by Takahata at 00:03| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月21日

妥協に打ち克って

日々の練習。その時に妥協するのは簡単。でも、それによって後でどれだけ後悔しても時間は巻き戻せない。妥協の連続の先に望む結果はない。結果が出てやり直したくても時間は戻らない。やってるつもりと、やりきるは違う。後でまだまだやれたという後悔ほど悔しいことはない。だから人間は自分自身と日々戦う。上達は練習の小さな積み重ねでしかない。選手という時間は本当に短いのだから。過ぎればそれこそ、あっ!という間なのだから。だからこそ、日々の練習の中の小さな妥協に打ち克っていってほしいと思う。
posted by Takahata at 00:51| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月19日

試合に出ようが出まいが

試合に出れたら幸せなこと。でも出れなくても好きな競技に打ち込めてる今はやはり幸せな時間。試合に出れたら格好いい。でも試合に出れなくても誰よりも汗を流して泥だらけになってる姿も格好いい。試合に出て力を発揮できれば貢献度は高い。でも、陰でチームのために力を尽くすことも貢献度は高い。グランドで全力でプレーする姿と同じくらい、スタンドで誰よりも大声で仲間に声援を送る姿も心を打たれる。試合に出ている選手も、試合に出ていない選手も、競技を好きで愛する想いは同じはず。試合に出ている選手は優越感ではなく感謝を、試合に出ていない選手は劣等感ではなく夢をそれぞれに託していけたらいいなと感じる。
posted by Takahata at 00:03| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月18日

頭と心の両面で

極端な分類ができるものではないが……傾向として頭で考えて動く人もいる。心で感じて動く人もいる。何かを伝えることと、何かが伝わることとは違う。これは伝える人と伝えられる人という意味ではない。伝えるというのは自分の論理を言語化して、相手の頭で論理的に理解してもらうこと。そこで論理的に納得ができれば動き始める。伝わるというのは、自分の感情や気持ちを相手が感じ取って、その感情や気持ちに共鳴して共感して動き始める。前者が言語的なコミュニケーションで、後者は非言語的なコミュニケーションということになる。どちらも大切な力と言えるだろう。頭でも心でも相手を理解できるとより良くなっていくと感じる。
posted by Takahata at 02:24| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月17日

データの先に

強いチームには数では表せない強さがある。データ重視のスポーツにおいて、さらにデータという数字を深堀した奥の奥まで見出だしていけるのか。見えないものをどれだけ見ようとするのか。目では見えないものをしっかりと手繰り寄せる力。目で見えることなんてほんの一部。見えないものを見る時の裏付けとしてデータがものをいう。今後はデータの活用方法が大切になっていくように感じる。そうしなければ、目で見える数字に逆に惑わされてしまう結果になるかもしれない。数字はあくまでも数字であって、その数字やデータの基はあくまでも人間なのだから。
posted by Takahata at 00:10| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月16日

夢破れたら次に夢を繋いでいけばいい。夢破れたからって肩を落とす必要なんてない。人生で夢を追える時間は最高の時間。そんな時間を過ごせた自分に胸を張ってほしい。誰が何て言おうが関係ない。それは誰の時間でもない自分自身の時間なんだから。簡単に実現できることは夢なんて呼ばないんだから。それは目標であって夢ではない。目標はモチベーションなどに繋がることもあるが、夢というのはモチベーションというよりも生きる活力そのもののような気もする。夢を本気で描いてそこに本気の情熱を傾ける、そんな時間そのものが人生の中のかけがえのない時間とも言えるような気がする。
posted by Takahata at 00:40| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月15日

経験と学び

中途半端に上にいくくらいなら、下でじっくりと力を蓄えてからチャンスをモノにした方がいい。上で学べることもたくさんあるが、上で控えでいるよりも、下で生きた経験をたくさん積んだ方がいい。学ぶことは意識があれば学べるが、経験だけは実際に積まなければ経験にはならない。単なる学びなのか、経験を積んだ上での学びなのかでは大きく違ってくる。下で積み重ねた経験を上で生かすためには大いなる上での学びが必要にはなる。経験のない学びは単なる知識にしかならない。やはり学びは知恵にしていかなくてはいけない。使える知恵。焦って上に行き、上で使い物にならないままなら下で猛烈に汗を流した方がいい。その流した汗の量と比例して学びはどんどん生きたものへと変わっていく。上の世界は下での経験だけでも通用する甘い世界ではない。上ではどんどん学びを自らが求めていかなくてはいけない。下のように口を開けて待っていても誰かが与えてくれる世界ではない。貪欲に経験も学びもしていかなくては生き残れる世界ではない。
posted by Takahata at 09:07| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月14日

一つ勝つことが

勝つというのは、本当に難しい…そりゃ、そうだ。どちらも本気で練習を積み重ね、本気で勝とうとして戦うんだから。どれだけ練習しても勝つためにはこれで充分という終わりはない。勝つための絶対的な正解もない。絶対に運不運にも左右される。一つ勝つというのは、それくらいかけがえのないもの。そもそも勝って当たり前の試合なんてないと思う。本気の勝負に絶対などあろうはずがない。一つ勝つことがどれだけ苦しくて大変なことか……そんな勝ちだからこそ、一つ、二つ、三つと勝ちを積み重ねていくほどに選手は強さを身につけていくのだろう。
posted by Takahata at 00:28| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする