2019年08月08日

仲間と共に

三年なんて人生で見たら短い時間だが、部活を通して苦楽を共にした仲間は生涯の財産になるだろう。卒業してそれぞれの道に進んでも、濃く熱い時間を共にした仲間とは瞬時のうちに当時に戻れる。それぞれの人生を生きながら、瞬間的にみんなで戻れる時間があるというのは幸せなことだ。戻れる時間と場所がある。そこに心が戻っていける。ただ漠然とした時間を過ごしていたのでは得ることの決してできない時間。部活の仲間はそんなものだろう。刹那的に楽しく遊ぶ遊び友達とは違い、ある目標に向かって全員が想いを共にする。時に涙し時に笑顔で。たくさんの苦しい汗を流してきたことだろう。今は様々な辛く苦しい想いを個々が抱えているだろう。今は見えなくても、仲間と過ごす今という本気の情熱的な時間はかけがえのない人生の宝物のような時間となって刻まれていくことだろう。短いあっ!という間の時間だが、過ぎたらこんなに幸せな時間はないなと思えるくらいの時間。そしてあんなに本気でお互いに向き合える仲間はいないなと思えるくらいの仲間。それは三年間という時間を仲間と共に懸命に過ごした者にしか与えられない最高のご褒美かもしれない。しかし部活をしている間はともするとその事に気づかなかったり、忘れてしまったりしがちになるものだが。
posted by Takahata at 01:26| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月07日

笑顔で

たくさんの笑顔でプレーできるって幸せなこと。試合ではミスしたり、思い通りのプレーができないことも多い。そんな時に下を向いて落ち込んでるくらいなら、笑顔で自分自身を仲間を励ましたい。元気いっぱいに前向きにプレーしたい。自分も仲間達も全力を出し切ろうと試合に臨んでいるんだから。仲間を自分自身を責めても何も始まらない。手を抜いたり、適当にやっているなら別だが。誰だってミスなんかしたくはないし、自分のベストのプレーをしようと試合には臨んでいるはずだから。笑顔は自分自身も仲間も深く包み込んでくれる。笑顔の先に仲間を自分自身を信じて伸び伸びとプレーしていけばいい。暗く落ち込んで淀んだ雰囲気の中では誰も生き生きとはプレーはしていけないだろう。脅えた恐怖にひきつった緊張でヒクヒクした顔では固いプレーしか生み出していかない。真剣になっているからこその笑顔なら凄く素敵なことだと感じる。
posted by Takahata at 00:29| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月06日

心が変われば

苦しいことが多いのは自分の中に甘えがあるから。辛いことが多いのは感謝の心が足りないから。悲しいことが多いのは自分中心の心があるから。心配することが多いのは今を懸命に生きようとする心が足りないから。行き詰まるのは自分の心を裸にできないから。心が変われば、見える世界や感情も変わる。周りや環境は変わらなくても、自分の心が変われば自分の受け止め方が変わってくる。人は自分の心で物事を見て、感じたり、考えたりしているのだから。
posted by Takahata at 00:21| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月05日

誰もが鉄人

亡き、衣笠祥雄さんとは年に1回お食事をご一緒させていただいていた。衣笠さんは「皆はヒットの延長線にホームランがあるというけど僕の場合はホームランを狙った過程でのヒット」ボールをどこまでも遠くに飛ばしたかった。それこそ楽しいじゃない!!って話されていた野球小僧のような無邪気な笑顔が忘れられない。
衣笠さんに現役時代のスパイクをいただいた際にそこにはサインと『野球では鉄人』と。「鉄人て言われるけど僕はそんなに体は強くないよ。風邪も引きやすいし、お腹も痛くなるし。あちこち痛いし(笑)でも大好きな野球をする時には自然に鉄人になってた」好きなことをする時は誰もが鉄人じゃない?と。
posted by Takahata at 00:17| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月04日

極める楽しさ

みんな簡単に早く巧くなりたいと思ったりする。逆にそんなに楽に手っ取り早く巧くなれたとしたら、あっ!こんなものね!とつまらなく飽きてしまうだろう。やればやるだけ難しく、どこまで巧くなってもさらに奧深いからこそ、今までもこれからも続けていけるんじゃないかと思う。それが苦しさであり楽しさ。簡単だから楽しい訳ではない。難しくて大変だから嫌な訳でもない。自分が好きで、自分が選択したことであれば、難しくて大変な苦しさが楽しいということもあるものだ。難しい課題を一つ一つクリアしていく楽しさ。それこそが、極めていくことの楽しさなのだろうと思う。
posted by Takahata at 00:37| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月03日

はまる

はまる。これは一発勝負ではよくあることだ。自分にとっては良い意味でピタッとはまる。反対に相手にとっては悪い意味でのはまる。何故か、その試合ははまったと口にする。もちろん、技術的な面も大きいが、メンタル的な側面も大きいように思う。自分にとっての『おっ!』相手にとっての『ん??』が重なっていくと、だんだんはまっていく。小さなこんなはずじゃないという気持ちの積み重なりが、自分には『今日はいけるかも』になり、相手には『今日は歯車が合わないな』になっていく。自分のメンタルと相手のメンタルは表裏一体で自分が乗れていれば、相手は乗れていない。試合の中で小さな『あれ?』をどれだけ作り出していけるのかが勝負の分かれ目のように思う。『あれ?』『あれ?』『あれ?』がボディブローのようにききはじめると、両者ともに完全にはまっていく。
posted by Takahata at 02:44| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月02日

心豊かに

まだできないプレーに絶望ではなく希望を持てる心を。少しだけできるようになったプレーに情けなさではなく喜びを感じられる心を。失敗したプレーに落ち込むのではなく、次こそ成功させてやるという前向きな心を。心が豊かにならないと、やればやるだけ辛くなる。誰にも無限の可能性があるのだから。自分が自分自身を見限ってはいけない。今日より明日、ほんの少しでもプレーが上達していれば幸せなことなのだから。そんな自分自身に喜びや希望、感動を感じられる心を失ってほしくはない。心豊かな競技生活を送ってほしいと思う。小さな自分が少しずつでも大きくなる過程を喜びに変えていってほしいと思う。
posted by Takahata at 00:51| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月01日

限界の先に

どこまで突き進んでも限界はない空。空を見上げて、雲が浮かぶ場所が空だと思っていても、飛行機で雲の上にいけば、その上には更なる空が広がる。その場所に行かなければ見えないし、知ることもできない世界。終わりのない世界。物体としての人間には固体としての枠組みがある。しかし枠組みのない心は本来はどこまでも無限の広がりを持っているはず。もし、心に枠組みがあると思ったとしたら、その枠は他ならない自分自身が作り上げてしまっている枠でしかない。その枠の外にはまだまだ無限の広がりがあるのに。どんな状況にあっても、狭い自分の心の枠の中で答えを探そうとするのではなく、ポンと飛び出して、空の、さらにはその先の宇宙の中で答えを探し出そうとするような姿勢を持ち続けていきたいなとは思っている。広い空のどこかに自分の求めるものがあるかもしれない。
posted by Takahata at 00:02| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月31日

手も足も…

相手に手も足も出ないということはある。でも、何とかして手も足も出すために様々な策が必要になる。いつもと同じようにやっていて相手が凄かった!で終わらせるのはあまりに無策過ぎる気がする。考え抜いて相手に喰らいつき対応する泥臭い姿勢が大切。何とかならないことを何とかしようとする姿勢。いつものように同じことをして通用する相手にしか勝負できないとしたら、あまりにも無抵抗過ぎる気がする。時には変なプライドを捨てて、泥臭くてもいいから喰らいついていく策を講じていかなくてはいけない。勝負はスマートなだけでは戦ってはいけないだろう。歯がたたないような相手に、ちょっとずつでも歯を立てて、小さなダメージを積み重ねていかなくては全て相手が自分より上だったで終わってしまうだろう。自分の力でどれだけ様々な策を作り上げて試していけるのか。これは本当に重要なことだ。
posted by Takahata at 07:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月30日

手も足も…

相手に手も足も出ないということはある。でも、何とかして手も足も出すために様々な策が必要になる。いつもと同じようにやっていて相手が凄かった!で終わらせるのはあまりに無策過ぎる気がする。考え抜いて相手に喰らいつき対応する泥臭い姿勢が大切。何とかならないことを何とかしようとする姿勢。いつものように同じことをして通用する相手にしか勝負できないとしたら、あまりにも無抵抗過ぎる気がする。時には変なプライドを捨てて、泥臭くてもいいから喰らいついていく策を講じていかなくてはいけない。勝負はスマートなだけでは戦ってはいけないだろう。歯がたたないような相手に、ちょっとずつでも歯を立てて、小さなダメージを積み重ねていかなくては全て相手が自分より上だったで終わってしまうだろう。自分の力でどれだけ様々な策を作り上げて試していけるのか。これは本当に重要なことだ。
posted by Takahata at 23:21| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

無償の情熱

無償の情熱。学生時代にはこの情熱を燃やしてほしい。損得計算や変な先読み計算なんていらない。ただ、無我夢中で目の前のことに情熱を注ぐ。やって得するのか?やって報われるのか?そんな見返りなんか度返しして無償の情熱を注ぐ。それは学生時代にしか持てない情熱かもしれない。部活動であれ、体育祭なんかであれ、合唱や文化祭…どれもそれを全力でやったからといって得やお金がもらえる訳でもない。だけど、本気で情熱を燃やす。熱い想いが込み上げてくる。そんな時間というのは本当にかけがえのない時間だと感じる。こんな経験をたくさんしていれば社会に出てからも、学生の時のようにただ無償の情熱という訳にはいかないが、でもそれに近い生き方はしていけるように感じる。単なるドライに計算された損得勘定ではなく、自分が熱く情熱を燃やせることに本気で打ち込んでいくことはできるように思う。大人になっても気持ちの持ち方で、まだまだ青春時代を生きていけるかもしれない。
posted by Takahata at 00:03| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月29日

選択の積み重ね

どんな作戦をやろうが、100%成功する作戦なんかない。監督も懸命に考え、選手も懸命にやろうとする。それでも失敗して裏目に出ることがある。結果論で作戦云々を語るのは、後だしじゃんけんみたいなもの。責められても気の毒に思う。未来なんて世の中の誰一人分かる訳がない。分からない未来に向かって一つ一つの分岐点でベストな選択をしようとして決断をくだしている。選択の積み重ね。それが試合だし、大きな意味では人生そのものだろう。結果はどうあれ、厳しい選択を積み上げて試合を戦い抜いた両者には気持ちのいい拍手を送りたいものだ。出た結果を見て、したり顔でああだこうだと口にするような人間ではありたくないなと改めて思う。
posted by Takahata at 00:11| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月28日

上達への道

物事は簡単には上達しない。上達するためには幾度となく壁にぶつかる。それを嫌だと考えるか、難しいからこそ楽しいと考えるか…難しいからこそ、一つ一つの壁を乗り越え段階が上がった時に達成感や喜びも湧いてくる。簡単にできることは、楽かもしれないが、楽しくはないように思う。楽をして何かを手にしてもすぐに飽きてつまらなく感じてしまうと思う。苦しくて辛くても地道に一歩一歩積み上げていく中で手にしたことは喜びもひとしおであろう。上達への道筋とはまさしくそんな感じだろう。壁にぶつかれば、時に苦しさを投げ出したくなったり、面倒に感じたり、自信を失ったりしてしまうかもしれない。それでも上達したいその想いで、上達への道筋を地道に積み重ねていく。人生を通してそんな楽しさを感じられたらいいと思う。それぞれの段階で喜びや楽しさは一瞬で、また上達への道をさらに高みに上がっていこうとすれば苦しみや辛さと向き合っていかなくてはならないが。それを支えるだけの楽しさが上達への道筋には存在するのは確かなような気がする。
posted by Takahata at 02:50| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月27日

世界の常識

ある世界の常識は、別の世界の非常識であることは多い。自分のいる世界の中に閉じ籠っていると常識が絶対的なものになっていく。勇気を持って違う世界を覗いてみたり、挑戦してみる。すると違う視点を持てて今自分のいる世界の常識からの縛りから抜け出れることもある。どの世界にも絶対的常識はない。自分のいる世界が全てになってしまうとどうしても視野は狭くなってしまう。常識に風穴を開ける。それを自分でどれだけやれるのか。新しい刺激をどんどん自分の中に取り入れていけるかどうか。常識に溺れていく中で常識に埋没していってしまう。そんな中では新しい発想もアイデアも生まれてこないだろう。別に自分の世界の常識を捨て去れ!という話ではない。自分の世界の常識はあくまで土台でいい。そこにどんどん新しく積み上げていけばいいのだ。大切なのは小さな世界を全てと思うことなく、大きな世界のほんの一部でしかないことを十分に理解しておくことだと思う。
posted by Takahata at 02:03| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月26日

漠然とした時間は…

ただ漠然と何かをやっていても、漠然とした時間が過ぎて終わってしまう。本人はこんなにやってきたのに…と進化しきれない自分自身に苛立ちを感じるかもしれない。スポーツであれば漠然と練習するのか、そもそも練習とは何か?を考え、何を目的にどのような手段でどれくらいの適量をやるのか?を徹底的に考えて準備をしっかりして練習に臨むのかでは明らかに成果は変わっていく。漠然と何かをやるって本当に勿体ない。どうせやるなら、どうせ時間を費やすのなら、少しでも進化していくための時間にしていきたいものだ。それが自分自身の自信にも繋がっていくはずだ。
posted by Takahata at 01:29| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月25日

強いチームには

本当に強いチームというのは底力というか、一発で試合を決めにいける力がある。僅かな相手のミスを絶対に逃さない。流れが相手に傾きそうな時にワンプレーで流れを引き寄せる。いかなる状況でも悲壮感が漂わない。選手がお互いに依存しているのではなく、各個人が自立したチームワーク。だから一人のダメが全員のダメにならない。一人の不可能がチームの不可能にもならない。仕事柄たくさんの試合も観てきたが、強いチームには相手を自滅させていく力がある。相手チームが勝っていたとしても、相手チームが勝手にこんなはずはない、とだんだん追い込まれて自滅していく。そしてその瞬間を逃さずに攻め込んでいく。負けていながら追い込まれるのではなく、デンと構えて相手の方を追い込んでいく。
posted by Takahata at 00:13| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月24日

楽しもうとする心

人生の時間をどうせなら少しでも楽しい時間にするために積極的に楽しいと思えることに時間を使う。とは言え…そればかりもできない。そこで大切なのが、目の前に起こることを楽しもうとする心。楽しいと思うことをやるのはもちろん、どんなことでも楽しもうとする心は大切。人生、自分が楽しいと思うことばかりはできないが、楽しもうとすることはいついかなる時でもしていける。つまらない…つまらない…とボヤいていても何一つ楽しいことなんてありゃしない。どうせなら、楽しい!楽しい!を口癖にして、いかに楽しもうとしようかを考えた方が良いように思う。何か?より、いかに?が大切。どうせ同じ時間を過ごすから少しでも楽しんだ者勝ち。誰かが楽しませてくれる訳でもない。楽しいことがいつも与えられる訳でもない。どんな時でも楽しむのは他でもない自分自身。楽しければワクワクしながら取り組んでいける。そしてそこには受け身ではない積極性が生まれてくる。
posted by Takahata at 00:27| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月23日

愛情を

今、自分がやっている競技を愛すること。共に汗を流す仲間達を愛すること。真剣に取り組んでいる自分自身を愛すること。愛する気持ちがあるからこそ大切にしていこうと思える。大切にするからこそ真摯に向き合っていける。そんな愛することを持てているからこそ感謝の念は自然に湧き上がってくる。挨拶だって、グランド整備だって、用具の手入れだって、やれ!!と言われるからやるものではない。感謝の念があるからこそ、それが自然に行動に繋がっていくもの。形式やしきたりや見かけが大事なんではない。根底にある愛情こそがとても大切なのだと感じる。
posted by Takahata at 14:04| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月22日

戦いに向けて

どんな戦い方をするかは、とことん考えて悩んだらいい。しかし、こうと決めたら迷わずに戦っていく。ろくに考えもせず、悩みもせず簡単に出したことを土壇場であれこれと迷いながらするのは良くない。迷いが中途半端なプレーに繋がってしまう。自分がしっかり悩んで出した答えを信じ抜いてみることも大切。戦いの前にはとことん考えて悩み抜く。戦いが始まったら迷わずに自分の出した答えをとことん信じ抜く。戦いの中での中途半端な迷いほど質の悪いものはない。最後は自分さえも信じられなくさせてしまう。いかなる結果になろうが、そんな戦い方ほど残念なことはない。戦うのは自分自身なのだから。
posted by Takahata at 05:38| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月21日

夏の記憶

将来、社会人になって部活の仲間達と飲む時に。練習が厳しかった程、お酒が美味しい。ミスしたことや怒られたことは美味しいつまみになる。怖かった監督や先輩は笑いのネタになる。試合の内容なんてみんな記憶が違い。でも…でも…酔うほどにみんなで過ごしたあの頃にたまらなく戻りたくなる。今はそんなこと思えないだろう。今が精一杯だから。今はそれでいい。がむしゃらに向き合っていけばいい。そんな濃い時間が、そんな熱感のある時間が結果として、いつまでもあの頃に戻りたくなるような思い出として心に刻まれるのだと思う。夏が来る度に土の蒸せる匂いを嗅ぎ、強い太陽に照らされる時に、フワーと今のこの夏を思い出すことだろう。
posted by Takahata at 00:33| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする