2018年12月19日

言葉の先に…

結果論で言うことは簡単。客観論で言うことも簡単。傍観論で言うことも簡単。自己論で言うことも簡単。でも…当事者にしか分からない状況もある、心情もある、苦しみや悲しみもある…時に、何の悪気はなくても人の言葉は人を深く傷つけてしまうこともある。時に言葉が無力な時もある。人はどうあがいても、せいぜいできるのは人に寄り添うことくらい。絶対に当事者にはなれない。そこが本当に難しいところだろう。結果論を口にしても、結果出てからなら好き勝手言えるだろう…となる。客観論を口にしても、そんな一般的な話は言われなくても分かっている…となる。傍観論を口にしても、それは外野だから言えることだろ…となる。自己論を口にしても、あなたの考え方を押しつけるなよ…となる。もちろん、なかなかそこまでお互いが強くそのように感じることは少ないかもしれない。あくまでも時として…ということだ。そんな時には言葉が余計に邪魔になるような気もする。この辺りが非常に難しい。
posted by Takahata at 00:42| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月18日

失敗と成功

失敗したから終わりじゃない。次に成功すればいい。幾多の失敗の土台があるから揺るぎない成功に繋げていける。失敗を恐れていては次に行動していけなくなる。失敗を失敗のまま終わらせないためにも、次に向かって進んでいかなくてはいけない。失敗は誰でもする。成功したのは失敗を乗り越えた人。運や偶然にした成功は長続きはしない。その成功にはしっかりとした土台がないからだ。紆余曲折を繰り返しながら模索した成功にはやはり揺るぎない安定感がある。失敗を恐れて行動しなければ失敗もないが同時に成功もない。ただ同じ失敗を何度も繰り返していては何の進歩もない。考えて考えて常に前を向いて行動していきたい。失敗したら次こそは成功するよ!と笑っていれるくらいでいたい。顔で笑いながらも次に向けて誰よりも真剣に精進していけるような自分自身でありたい。失敗は終わりではなく、成功への第一歩と前向きに考えながら一歩一歩前進していける自分自身であり続けたいと思う。
posted by Takahata at 00:06| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月17日

たった一つだけ

できない言い訳、どうにもならない言い訳を並べるくらいなら、何か一つでもいいできる何かをやってみたらいい。何一つもできない訳ではないはず。あれもこれもとたくさんのことを求めず、一つでいいから責任を持ってやるべきだろう。曖昧なまま言い訳していても何も始まらない。前には進めない。言い訳並べてうなだれていても何一つ先には進んでいけない。迷走していくだけのこと。原因はいくつもあるだろう…しかし原因が分かったとしてもすぐには修正できないこともたくさんある。たった一つでいい、その一つは確実にできるようにして波を作っていかなくてはいけない。調子の悪い時にあれもこれも思い通りにいく訳がない。たくさんのものを求めれば求めるだけ窒息しそうになるだけだ。波を作りながら修正を重ねつつ、できることを一つから二つ、三つと増やしていくしかない。地道なことだが、地道に乗り越えていくしか道はない。焦らず慌てずじっくりといくしかない。
posted by Takahata at 00:12| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月16日

優しく勝つ

優勝。優しく勝つ。優しさとは相手と本気で向き合うこと。相手に手を抜かないこと。相手に圧倒的に勝つこと。それは厳しいことのように感じるかもしれない。でも優しさとは、相手を尊敬し絶対に失礼なことをしないこと。中途半端な憐れみをかけることほど、勝負の世界で屈辱的なことはないのだから。相手が心底納得がいくまでの負けを与えてあげること。こいつに負けたんなら仕方ないとグーの音も出ないくらいの。あんまり相手は強くはないしと心の中では軽視し、あんまり圧勝したら可哀想だから、ちょっと軽めに手を抜いてなんてこと程、相手を愚弄していることはないだろう。そんなものは優しさでもなんでもない。そんなことで中途半端な惜しい試合にしたところで、相手は屈辱しか感じないだろう。勝負の世界は真剣勝負。そこは徹底的に両者がお互いの持てる力を全て出し切りぶつけ合う場所。優勝する人には圧倒的な力の差を見せて優しく勝ってもらいたい。人間の尊厳を大切にした思いやりのある戦いを。
posted by Takahata at 00:20| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月15日

ミスを乗り越えて

「何で!そんなミスするんだ!」と起こったミスに激怒して結果としてのミスを責めるよりも、「どうしてそんなミスをしたんだろうね?」とミスが生まれた過程を考えさせた方が、遥かに次に繋がるし、建設的な気がする。ミスしたくてする選手もいなければ、ミスして一番ショックなのも選手なんだから。ミスをしたことは仕方ない。ミスは誰でもする。しかし同じミスを何回も懲りることなく繰り返していくというのは、あまりに進歩がなさすぎる。大切なのはミスを糧にして次には一回り進歩した自分自身であること。そのためにはミスした過程の徹底的な分析をして過程の中でのミスした要因を改善したり取り除いていったりすること。感情論を腹立たしげにぶつけた所で逆に相手を萎縮させてしまうだけ。萎縮してしまえばさらにミスが恐くなり次もミスを犯してしまうことに繋がったりもしてしまう。相手がミスの過程を考えられないのであれば、共に寄り添って考えていくことが大切になっていくように思う。
posted by Takahata at 00:59| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月14日

信念を貫く

心は揺れやすいもの。しかし、いかなる時にも揺るぎない信念を貫いていけば、自分達の道は切り拓かれていく。あの道か、この道かではなく、道なき道を作り上げていけるような生き方。他人の正解をなぞるのではなく、自分の正解を作り上げていく生き方。そのような覚悟が信念。自分達を信じる。信念を貫くというのは決して簡単なことではない。多くの人が普通に歩く道が目に入ったり、安全そうに舗装された道が目に入ったり…あの道がいいよ、この道がいいよ、という声が耳に入ったり…心が揺れ動きそうになる時もあるだろう。そんな時でも自分が仲間達で信じた方向へと突き進んでいく。その方向に道があろうがなかろうが。道がなければ切り拓いて突き進んでいく。迷いを断ち切り、邪念を振り払って突き進んでいく。時に傷だらけになったとしても突き進んでいく。そんな覚悟の定まった信念があれば、たいていのことはやり抜いていけるはずだ。揺るぎない信念のある生き方を積み上げていきたいものだ。
posted by Takahata at 00:07| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月13日

未来の自分へ

試合に勝った負けた、試合で活躍したかどうか、というのはその時には大きなことのように感じるが過ぎれば過去の思い出になる。人はいつまでも思い出に立ち止まったままは生きられない。それ以上に大切なのは、部活で何を学び、何を身につけたか。それは今を生きる自分の生きる力になるから。思い出よりも大切なのは未来を生きていけるだけの力。未来に繋げていける今を生きているかどうか。まあ、部活にせよ何にせよ、今を懸命に生きて未来の自分にバトンを渡せるようにしていくこと。
posted by Takahata at 00:07| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月12日

プロフェッショナル

何でもやればある程度まではできる。例えばボールを投げるというのも少しやれば投げられるようになる。しかし速いボールを投げる、コントロール良く投げるとなると技術をとことんまで探求しなくてはいけなくなる。生半可な気持ちでは中途半端で終わりになる。その探求の姿勢こそがプロフェッショナル。この探求が一番難しい。ある程度までは人が教えてくれる領域。答え、やり方は教えてもらえる。しかし…そこから先は自分一人での探求の旅が始まる。答え、やり方は自分で見つけて作り出していかなくてはならなくなる。どんな物事も探求していくと知れば知るほど、知らないことの多さに圧倒され、深く掘り下げれば下げるほど奥深さに途方に暮れたりしてしまう。それでも飽くなき探求心を持って先に先に進んでいけるのが本当のプロフェッショナルだと感じる。中途半端なものを増やしていくよりも、何か一つをとことんまで追いかけてみるのも楽しいと思う。プロフェッショナルとはどこまで行ってもゴールのない旅のような気がしてしまう。
posted by Takahata at 00:09| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月11日

苦しさの先に

乗り越えていく力。落ちるのは何の労力もいらない。しかし乗り越えていくにはもの凄い労力を要する。自分の中にある弱気を断ち切って立ち向かっていかなくてはいけない。人間は基本弱いもの。でも自分次第でいくらでも強さを培っていける。苦しい時に敢えてより苦しい選択をしていける強さ。苦しさから逃げるのではなく苦しさに真正面から対峙して立ち向かう強さ。その中で人間の強さが鍛え上げられていく。苦しさが好きな人はそんなにいないだろう。しかし苦しさを乗り越えた先の強さを信じることができれば、苦しさは好きではないが嫌いなものにもならないだろう。自分の強さを培ってくれる貴重な材料だから。人生を真正面から生きていくためにはこの強さがどうしても必要になる。逃げれば逃げるだけ身につくのは弱さや卑屈さだけになる。乗り越えた先に初めて見える世界があるし、自分自身の姿がある。目先の楽さを選択するのではなく、そんな未来の自分の姿を楽しみながら苦しさを選択してみるのもいいと思う。
posted by Takahata at 00:06| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月10日

敢えて負ける

長い先を見据えれば、敢えて負けるべくして負ける試合を経験させておいた方がいい場合もある。何となく勝つよりも、個々がはっきりとした原因を分析できる負けが必要な場合もある。勝とうが負けようが原因が曖昧なことほど不安なことはない。負けることで不安を解消できることもある。マイナスは気持ち的にマイナスにはなるが、原因さえ分かればプラスに転換していくことはできる。しかし曖昧なことはモヤモヤしたまま気持ちは晴れない。それは時としてマイナス以上にマイナスに作用したりしてしまう。小手先で足掻いて勝ちにいくよりも、腹をくくり堂々とぶつかって敢えて負けてみることがあってもいいとは思う。別にわざと負けようという話ではない。誤魔化し誤魔化し勝つよりは、敢えてマイナスというアクを表面化させてみるということだ。マイナスと正面から向き合ってみる。それは負けた時の方ができたりするからだ。打ちのめされて気づかされること。そこから立ち上がって改善していくことはとても大切なこと。
posted by Takahata at 00:40| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする