2019年10月31日

ふるさと

昔、昔、大学を卒業してすぐにこの仕事を始めた頃……広島出身の自分には東京で頼れる人は誰一人いなかった。ましてや、メンタルのメの字も認識されてない時代。大学を卒業したての単なる一人の若者が社会の何たるかも分からないまま、自分の選んだ道を歩み始めた訳だが、当然苦しいこと困難なことしかなかった。未来も見えない毎日に、ふと故郷である広島に戻ったら何かいいことがあるんじゃないか、誰かが助けてくれるんじゃないか、と若者は考えた。というよりも辛くて悲しくて逃げ帰りたかったんだと今思えばそんな気がする。両親含めて親戚一同、仲間達みんなの反対を押し切って選んだ道を投げ出しそうになった。そんな時に何故か『ふるさと』の歌詞の一節が思い浮かんだ。「志を果たしていつの日にか帰らん」この歌詞が胸に刺さった。故郷の広島は逃げ帰る場所ではなく、いつの日にか自分の選んだ道を真っ直ぐに歩んで夢を実現した時に帰る場所だと。逃げ道を完全に断って進んできた道の先に今がある。苦しい時、辛い時、悲しい時には心の中で『ふるさと』を口ずさみながら進んできた。誰かが助けてくれるだろうではなく、いつの日にか自分が誰かを助けていくことができる人間になっていこうと誓って。
posted by Takahata at 11:01| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月30日

挑戦

新たな挑戦は、また新たな自分を作り上げてくれる。今のままでいいなら、今の自分のままでいいなら、何も挑戦なんてする必要はない。まだ見ぬ進化した自分に自分自身が出会いたいから挑戦を続ける。自分が自分自身を育てていく楽しみ。挑戦がある限り自分は今の自分に止まることはない。何かに果敢に挑むことで人は前進していける。挑戦には失敗も伴うだろう。それでも挑戦した自分の生き方は自分の中に残っていく。そんな自分は新たに次なる挑戦をしていけるだろうから。生きている限りその挑戦をやめなければ、人は死を迎える直前まで進化をし続けていけるのではないかと感じている。
posted by Takahata at 00:52| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月29日

原点回帰

練習はやらされるものではない。練習は自分が好きな競技を少しでも上達させたいからやりたくなるもの。この当たり前のことが時に分からなくなる。見失う。自分の好きなことに時間を使えていることは本当は幸せなこと。練習は誰のためでもなく自分のため。苦しむためではなく上達するため。強制されるものではなく、自らの意志でやるもの。そこら辺が自分の中で逆転してしまうと全てが指導者によって強制的にやらされているものに変化していく。それでは、せっかく好きな競技をやれているのに、単に苦しいだけのものになってしまう。そんな残念なことはない。まずは自分の心の在り方を変えていかなくてはいけないだろう。
posted by Takahata at 04:18| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月28日

球道

球汚れなく道険し。球道。恐らく真っ直ぐに好きという純粋な想いを持ち続け、好きなことをどこまでも探求し続けることこそが球道なのではないかと思う。野球に限らず、どんなことでも探求心を持ち続ける限りは、簡単には答えは出ないだろう。まさに険しい道のり。でも…だからこそ面白い。険しい道を傷つきながらも一歩一歩、好きな想いに駆り立てられるように進んでいく。自分の答えを見出だしていく。ひたむきに真っ直ぐに。それは好きなことだからこそ進んでいける道なのだろう。
posted by Takahata at 00:54| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月27日

青春のアルバム

負けたからといって、今までやってきたことは無駄になんかならない。負けたからといって、駄目なチームなんかではない。負けたからといって、全てを失う訳ではない。最高の仲間達と夢を真剣に追いかけた日々。流してきた汗。ひたむきに練習してきた情熱。そこに無駄や駄目なんてないよ。試合には負けても、君には大切な仲間や費やしてきた日々を決して失うことはないだろう。自分を、仲間達を否定することなく、嘘のない費やしてきた日々に胸を張っていてほしい。バカみたいに熱い情熱を傾けた時を過ぎた時に懐かしく思い出す日があるだろう。君の心のアルバムには青春のかけがえのない思い出が深く刻まれていることだろう。
posted by Takahata at 01:55| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月26日

考え続ける

止まるな!常に考え続けろ!これは僕が常に自分自身に課していることでもある。何か困難にぶつかった時に足を、考えを止めてしまうと疲労感や辛さ苦しさを余計に強く感じてしまう。僕は絶対に困難を打ち破ってやろう!と考える。絶対に困難の壁の先にある世界まで足を止めずに走り抜いてやる!と考える。だからこそ、その困難に背を向けず、逃げ出さず真正面から困難を見据える。そのために必要なこと。常に考え続けること。常にとことんまで考え抜くこと。困難という難敵をどうやって料理してやろうかを考える。足を止めずに考え続ける。何とかしてやる!そのために考え続ける。
posted by Takahata at 00:22| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月25日

好きなことを

何で好きで始めたスポーツなのに嫌いになって終わらなきゃいけないのだろう…何で好きなスポーツをするのに笑顔でやっちゃいけないのだろう…せっかく初めて始めた頃より上達したのに挫折感を感じなきゃいけないのだろう…いつの日か大切な初心を忘れてはいないだろうか。それを忘れてやればやるだけ、どんどん自分自身を変な方向へと追い込んで燃え尽きたり、ドロップアウトしたりしては凄くもったいない気がする。誰のためでもない、自分が好きで続けたいと選択した道なのだから。だから、いつまでも好きな気持ちを持ち続けてほしい。好きなスポーツで一つの自己実現をしていってほしいと思う。さらには競技者として終わった後にも生涯スポーツとして続けていけたら幸せなことだと感じる。
posted by Takahata at 00:44| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月24日

想いを形に

想いを何らかの形にしていくというのは楽しいこと。想いを自分の中だけに抱えていてもそれは誰にも伝わらない。しかし何らかの形にできれば、それはその形にしたものを通して人に伝わっていく。積もり積もった想いを全身全霊を込めてその形にぶつけていけばいい。それが形になった時にはその人にしか作り上げられないものになるだろう。そこには限りない創造性が含まれている。完成した時をワクワク楽しみにしながら、全力で作り上げていければいいと思う。
posted by Takahata at 00:37| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月23日

究極の戦い

投げ出せば全て楽になるかもしれない…逃げ出せば全ての責任を回避できるかもしれない…自分には無理と言えば全てから解放されるかもしれない…そんなことを感じる時は誰にでもあるだろう。そんなギリギリの時に諦めて逃げてしまう人間もいれば、踏ん張り抜く人間もいる。苦しくても耐えて何とかしてやる!と喰らいつく人間。そんな人間は苦しさを越えた先に、さらなる強さを身につけた人間になる。自分に負けない自分。自分を乗り越えていける自分。傷つき窒息しそうなくらい苦しくても立ち向かえる自分。投げ出したい思いと、実際に投げ出す行動とは違う。その瀬戸際での究極の自分との戦いにに打ち克つ。
posted by Takahata at 00:22| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月22日

昨日今日明日

昨日を振り返って何かを学び、明日を夢見て今日を全力で生きる。昨日は涙しても、今日を平然とした顔で生き明日の笑顔に繋げていく。昨日は倒れても、今日懸命に立ち上がり明日また歩み始める。人生雨ばかりでもないし、晴ればかりでもない。明日は分からない。だからこそ明日を信じて生きていきたい。信じているのとは違う明日が来るかもしれない。それはその時のこと。だったら次の日を信じてその日を全力で生きればいい。人生なんてそれの繰り返しじゃないかと思う。泣いて笑って。でも誰にだって明日を信じる力はあると思う。それが昨日、今日、明日へと自分自身を繋いでいく。
posted by Takahata at 00:07| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする