2017年09月09日

人生の意味

人生に意味があるのではなく、限られた人生に意味を持たせていくのは他でもない自分自身だろう。生きるというのは時間の集積だとすれば、自分が何を求めていくかによって人生の意味は変わっていくだろう。意味を誰かが教えてくれるものではないし、待っていれば意味づけられていくものでもないように感じる。それでは人生の貴重な限られた時間が流れ去っただけになるだろう。時間を自分自身の求めることのために有効に使い切れてこそ、そこに意味が見出だせていくのではないだろうか。個々で求めるものは違えども、求めることがあるからこそ真剣に時間を生きていけるはずだ。
posted by Takahata at 00:03| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月08日

理想と現実

人間は理想を描く。現実を生きる。そして理想と現実の間で苦しむ。ここで、なお理想を追いかけられるか、現実に打ちのめされてしまうのか…ここが大きな分岐点。確かに現実に対して自分の目線を合わせた方が生きやすいかもしれない。それが生きるということだよ、と言われるかもしれない。でも、どんな時でも、どんな現実に直面しても、苦しくても辛くても理想に目線を合わせて一歩ずつでも一センチでも近づこうと進んでいく人が結果として理想にグッと近づいていけるのだと思う。喰らいついて喰らいついて喰らいつく。意地でも理想に辿り着いてやると絶対に理想から目を逸らせずに、迷わずにそこに歩を進めていくことを覚悟というのかもしれない。
posted by Takahata at 00:09| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月07日

真っ直ぐに

人生は時には、戦わなければならない時もあるだろう。それは時にひどく大きなものかもしれない。つかみどころのない社会というものかもしれない。何のために戦うのか…それは自分が自分自身であるためかもしれない。社会に上手に呑み込まれた方が楽に生きられることもあるだろう。適当に自分を誤魔化しながら生きた方が生きやすいこともあるだろう。社会や時代に逆流して進んでいくことは苦しくて辛くて孤独を感じることもあるだろう。でも自分が自分自身であるために敢えてその逆流に突っ込んでいかなくてはならない時もあるかもしれない。自分の生きる道を真っ直ぐに真っ直ぐに突き進んでいく。周りからは無器用と笑われるかもしれない。周りから批判や非難を受けるかもしれない。それでも自分自身を貫いていく生き方。自分が自分自身を裏切らない生き方。そんな生き方もあるように感じる。
posted by Takahata at 01:47| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月06日

陰の力

本当に凄い実績を残す選手は地味なことを地道に継続できている。競技の練習をするのは当たり前で、それを支える地味なことにしっかりと意識を払いながら、大切に継続できている。他人の目に決して触れることのないこと。それを自分のために欠かさず続ける強さ。これが選手の底力を支える。派手な練習、好きな練習は楽しいだけでもやっていける。しかもやった!感がある。地道なことはそれ自体は何も楽しくはない。しかも特別にやった!感はない。それでも地道に続けていける強さこそ大きな力になっていくものだろう。実績の大きさとは、それ自体が目に見える氷山の一角でしかない。それを支える大部分は陰に隠れているのかもしれない。地味なことはバカにできない。それこそが技術的な土台、人間的な土台になるのだから。それができるかできないかで未来は大きく変わることだろう。
posted by Takahata at 00:07| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月05日

目指す一歩

上を目指すのは大切。でも上ばかり見て足下に意識を置けなければ、足下でつまずいたり、足が止まったりしてしまう。歩みを地道に進めていけば、結果として上にいたりする。一歩一歩は小さくても歩を地道に進める。それこそが上に辿り着く一番の近道だったりする。見ているだけでは上には行けない。上を目指してくことそれ自体は決して悪いことではない。ただ、上を見すぎる余りに上に潰されてしまったり、圧倒されてしまったり…それで歩が進まないくらいなら、むしろ上を見ずに目の前のことに一歩一歩の歩みを進めていくことに集中していくのもありのような気がする。そして、ふと気づくと自分はこんな上まで来ていたんだという感覚。上を見据えて歩を進めるのがいい人もいれば、目先の一歩に集中した方がいい人もいる。どちらにも大切なのは確実な一歩を積み上げていかなくては、到底上には到達できないということ。しかし、逆にそれさえできれば上に上がっていけるということでもあるのだ。
posted by Takahata at 03:44| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月04日

失敗を生かす

負けに対して人は様々な評価や批評をすることだろう。しかし大切なのは自分自身の敗因を理解し、負けを次の勝ちに繋げていこうとする前向きさ。続ける限りは負けは終わりではなく次へのスタート。人の評価に振り回されずに、自分の道を進めばいい。道の責任は他人ではなく自分自身にあるのだから。人生とはとても不思議なもの。誰もが失敗はする。失敗しない人なんて誰もいない。いくつになっても失敗はする。失敗を積み上げるのが人生かも…しかし、同じ人生、過去に失敗したから未来も失敗かもと不安にならず。過去の失敗があったからこそ、今を全力で生き、未来の成功に繋げていけるように生きていきたい。失敗を学習に変えた時に人は一回りも二回りも大きくなれる。失敗にも感謝できる。失敗を憎むのではなく、失敗に感謝できるように今を生きて輝く未来へと繋げていこう。やればできる!!未来を作り出せるのは他でもない自分自身。負けや失敗なんか恐れずに突き進め!!
posted by Takahata at 00:05| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月03日

ひとつになる

グラウンドでひとつになる。どんなに劣性でも、みんなで勝利を信じることのひたむきさや純粋さや尊さ…最後の一瞬まで。劣性で計算してもう無理、もう勝てないと考え始めてしまうと雰囲気は伝播していき、一人一人が淡白になっていく。みんなでひとつになって勝利を信じ抜く大切さ。それができれば最後まで粘り強い戦い方をしていけることだろう。最後の一瞬まで個々が勝利を信じる仲間たちのために真剣に立ち向かっていけばいい。例え、その試合は負けたとしても、そんな試合を積み重ねていけば必ず勝利に対して粘り強い諦めない集団になっていくことだろう。
posted by Takahata at 04:00| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月02日

より高みを目指して

勝とうが負けようが、自分が持てる力を出し切って戦い抜いたのであれば常に胸を張っていればいい。勝って自惚れる必要なし、負けて落ち込む必要なし。勝とうが負けようが自分ができるのは今よりも更なる高みを目指して精進することのみ。戦い方も今の実力を出し切ることのみ。やるべきことをやるのみ。勝った負けたはその時々の自分の実力の指標であって、この先に実力は落ちるかもしれないし、現状維持かもしれないし、高くなって進化しているかもしれない。それを決めれるのは今の自分の取り組み次第。負けて落ち込んで自信を失って…モチベーションが下がって…なんて暇はない。勝って慢心して油断して…なんて暇もない。他との結果がどうこうではなく自分自身の実力を日々進化させていくことしかないのだから。結果に振り回されてブレるのではなく、高みから心の視点をブラさずに見続けていくこと。そこさえあれば自然に今の自分の進む道は見えてくるはずだから。
posted by Takahata at 01:02| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月01日

夢への挑戦

夢への挑戦に年齢なんて関係ない。自分が挑戦したいと思えた瞬間がチャンス。夢が成功か失敗か他人は様々な評価を下すだろう。いかなる結果が待ち構えていようが、自分自身が後悔しないことが人生の一番の成功かもしれない。人生はたった一度切り。挑戦できるチャンスがあるなら挑戦した方が後悔はない。そんか自分自身に対して自分が成功と評価できればそれは成功。夢を追う道のりは厳しいだろう。しかしその道のりは自分を最大限に鍛え磨いてくれるだろう。たくさんの苦しみもあるだろう。それは人間としての深みを形成してくれる。夢がある。こんな素晴らしいことがあるだろうか。できそうなことを当たり障りなく成功させる。そんなものは夢でも何でもない。夢を描き、例え周りから無謀な挑戦と言われようが、いても立ってもいられず突き動かされるように夢に向かって突っ走る。人生の中でこんなにも豊かで輝きに満ちた時間はあるだろうか。そんな挑戦に周りがああだ、こうだと言えるものではない。
posted by Takahata at 00:09| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月31日

馬を乗りこなす

馬を乗りこなす。自分の中に潜む馬をいかに乗りこなすかを考えてみよう。猛烈に意気込んでいる馬は、乗りこなそうとしても変に暴れてしまう。しかも力んだ割りには空回りで終わってしまう。制御するためにはそんな馬は冷静にさせるためにドウドウと話しかけて、なだめていかなくてはいけない。反対に臆病になっている馬に、ムチを入れれば瞬間的には走るがこれまた恐怖で力んでしまう。そんな馬には走る楽しさを改めて気づかせてあげなくてはいけない。伸び伸びと走る楽しさや爽快感を。まずは、馬の状態を客観的に観察すること。そして馬の持つ潜在能力を引き出してあげようとすること。馬を否定するのではなく、馬を信じてあげること。騎手としての自分が馬としての自分をいかにすれば、気持ち良く走れるかを考えてあげること。先走ろうとする気持ちを抑えたり、後退りする気持ちを前向きに楽しくしたり。自分の馬を乗りこなせるは他でもない自分自身。自分らしく走ればいいと思う。自分らしく騎乗して自分の馬の力を最大限に発揮させればいい。
posted by Takahata at 00:05| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする