2018年08月12日

人が人を

人の厳しさが人を鍛えあげ、人の優しさが人を育てあげる。その根底にあるのは人を大切にしたいという深い愛情。人の本気が人の厳しさを育み、人の思いやりが人の優しさを育む。時代が人を育て、文化が人を作るような側面はあるが、それでも人が人を育て作り上げていくという根底は揺るがない。人と人との関わり合いが希薄になりつつある昨今にあっても、やはりこの人と人との基本を失ってはいけないと切に感じる。時代や文化は進化しても、人間としての退化や人間としての資質の喪失はあってはならないと思う。人は人で育て作り磨かれていく。時代や文化が主体ではなく、あくまでも主体は人間でなくてはならない。そうしなければ、やはり人間の心は作られてはいかないと思う。人と人とが本気で向き合い関わっていくことでしか人は成長はしていけないのではないかと改めて考えさせられる昨今である。
posted by Takahata at 00:35| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月11日

自らの手で

嫉妬か羨望か。嫉妬は人の足を引っ張ろうとする。羨望はその人に一歩でも近づこうとする。どうせ他人を羨むなら追いつけ追い越せでいきたい。単にひがんでいても何一つ始まらない。自分が汗を流す。相手を引き摺り降ろすのではなく、自分が相手を越えていく。仮にどうしてもかなわないなら、角度を変えてその相手にはない部分をどんどん伸ばして互角に勝負していけるようにしていく。無いものを妬んでも始まらない。有るものを磨いていけばいい。勝負は総合力。例えば誰もが150キロのボールを投げれる訳ではない。であるなら、変化球をとことん磨くとか、球の出所が分からないようなフォームにして球を速く見せるとか…要はバットを打ち取れればいいのだから。150キロの投手に嫉妬していても何も始まらない。自分が工夫し汗して追いつき追い越す。そこにこそ生きる楽しさ、勝負の楽しさがあるように感じる。
posted by Takahata at 00:57| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月10日

負けず嫌いは…

どうせ負けず嫌いなら他人にではなく自分自身に対してがいい。他人に勝ったり負けたりして優越感や劣等感を得るよりも、自分が自分自身に打ち克っていくことで得れる自信を積み上げていく方がいい。いくら他人に勝っても、自分に妥協ばかりしていては本当の強さにはならない。自分自身は誤魔化せない。自分が自分自身を真から信じられることこそ強いものはないだろう。日頃から自分が自分自身を甘やかしていては、いざ!!という時に自分が自分自身を信じていられなくなる。負けず嫌いのベクトルを外ではなく内に向けていこう。自分を一番見ているのは他でもない自分なのだから。他人に勝った負けたなんて上を見ればキリがないし下を見てもキリがない。しかも他人に勝った負けたなんて過ぎてしまえば過去の出来事にしか過ぎなくなる。自分に打ち克ったことは一つ一つが自信の厚みになっていく。それは確実に未来へと繋がっていく自分自身の財産になっているはずだ。
posted by Takahata at 00:11| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月09日

一つ

たった一つのコツを掴む。一つのキッカケを掴む。この一つが大きく飛躍したり、長年やれる要因になったりする。しかし一つと言ってもその一つを掴むまでには無数の試行錯誤の連続がある。途中で諦めたり投げ出せば、その一つには巡り合えない。その一つには無限の可能性が秘められている。ゼロから一を産み出していく。ゼロはいくら積み上げても、掛け合わせてもゼロだが一はどんどん積み上がり広がりを持っていく。たかが一つと思わずに、懸命に一を追い求めてみればいいと思う。
posted by Takahata at 00:38| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月08日

監督

監督からの荒治療で発奮する選手もいるし、逆に荒治療によって潰れてしまう選手もいる。落として伸びる選手もいれば、使い続けることで活躍したり伸びる選手もいる。適材適所はもちろんだが、個々の選手の適材適使や適材適育もとても大切な要素になっていくはずだ。同じようには絶対にいかない。また、同じ監督と一言で言っても選手を上手に育てる役割の監督と、選手を上手に使う役割の監督とがいる。適性はやはり違いがある。前者は長期的なスパンで選手を捉えじっくりと時間をかけて育てていかなくてはいけないし、後者は目先の試合に勝つために選手の旬を見極める短期的な視点が必要になる。どちらも選手を最大限に生かしたいという想いは変わらないが、求められるものが違う。監督とは本当に難しい仕事だと感じる。それはスポーツに限らず、あらゆる場所で指導的な立場に立つ人には求められる力でもある。指導的な立場になればなるだけ自らを探求していかなくてはならない難しさがある。
posted by Takahata at 00:09| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月07日

後悔と納得

結果が思い通りにいかなければ必ず後悔は残るだろう。それはスポーツも人生も同じだろう。しかし後悔はしても納得できる選択や内容にはしていける。とことん考え抜き、検証したものであれば。その意味でも過程に納得できる準備だけは絶対に欠かしたくはない。漠然と臨んだり過程に手を抜けば後悔と共に納得できずに終わることになる。そんな終わり方では、いつまでも結果や後悔ばかりを長く引きずってしまうだろう。それでは次に向けての新たな一歩がなかなか踏み出してはいけなくなる。ここまで充分すぎるくらいに準備をしてきたんだから、しっかり熟考を重ねてきたんだからと自分が自分自身の積み重ねに納得ができなければいけない。それをいつも心に刻んでおかなくては目先の結果にいちいち振り回されてしまうだろう。そんなことのないスポーツや人生にしていきたいものだ。
posted by Takahata at 03:22| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月06日

素直さとは

木の幹は一本の筋が通っているけど、その幹は根が吸い上げた栄養分によって形成されている。人間も一本筋を通すことは生きていく上で大切なことだが、様々な栄養を素直に耳を傾ける素直さも大切に思う。そうしなければ、やはり自分自身の人間としての筋や豊かさを大きくはしていけないのではないだろうか。素直さと何でも、はい!はい!言うイエスマンとは違う。素直だから他人の影響を受けすぎて自分を見失うというのも違う。素直さとは他人の言葉を素直に受け止めてしっかりと自分の中で咀嚼して栄養にしていけることのような気がする。
posted by Takahata at 02:40| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月05日

自分自身

戦う前に負けるな!戦ってる途中に負けるな!戦った後に負けるな!途中は相手だが突き詰めれば自分自身、前後は完全に自分自身の中の問題。まだ見えない相手に脅えるな!どんな相手だろうが逃げずに立ち向かえ!敗戦という結果に打ちひしがれるな!究極、弱気という最大の敵は自分の中にいる。その敵に打ち克てるのは他でもない自分自身でしかない。弱気がいつも優勢ではそもそもそこに勝ち目なんてない。弱気な自分を常に凌駕していける自分自身を作り育てていかなくてはいけない。それをできるのも、これまた自分自身。苦しくても辛くても目をそらさずに立ち向かっていこう!一つ一つ!越えていこう!それこそが自分に負けないための一番の近道だろう。自分というのは弱いものでもあり強いものでもある。その比重を日々の中で少しずつでも変化させていけばいい。自分自身を甘やかせた先にあるのは弱気に満ちた自分の姿。自分に厳しく立ち向かった先にあるのは自信溢れる自分の姿。
posted by Takahata at 00:14| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月04日

一粒魂

一粒魂。茶碗に盛られたたくさんの米粒。その一粒を残すのではなく感謝して食べ切る。もし一粒の米粒しかなければ、何度も噛み締めながら大切に味わうだろう。これは投球やパスなどの一つ一つのプレーに丁寧に感謝して、無駄で無意味なことをしないことにも通じる。一粒、一球、一蹴を大切に。米粒がここに並ぶまでに稲の命、農家の方々がどれだけの手をかけて育ててきたのか…その後も様々な人々のお陰。同じくこの一球、一蹴にかけてきた仲間の想い、仲間が繋いできた過程を真に理解できていれば一球たりとも無駄な無意味なことはできないはずだ。一粒魂。たくさん投げるから、たくさんパスするからとそれぞれの一球一蹴がワンオブゼムになってはいけない。それぞれがオンリーワンなのだと理解していきたいものだ。決してたくさんの中の一つをバカにしてはいけない。大切に大切にしていかなくてはならないものなのだ。一粒まで感謝して大切に食べ切る意識をしっかり持っていたいものだ。
posted by Takahata at 00:20| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月03日

最後の最後まで

『野球も人生も最後の最後まで諦めなければ奇跡を起こせる!!』を身をもって体験したのが千葉ロッテマリーンズの岩下大輝選手。



岩下選手が3年時の石川県の決勝戦で星稜高校は9回裏に0−8から大逆転甲子園出場を果たしたのだ。



星稜高校は9回表終了時点で0−8と小松大谷高校に大量リードを許したが、岩下大輝選手のレフト場外への2ランなどで追い付き、その後に逆転を果たす。



まさに超奇跡的な逆転サヨナラ劇!!





0−8で迎えた9回裏。決勝でなければ、7回コールドで、すでに試合は終わっているはずの試合。しかし星稜は打者13人で8安打を放ち、9点を奪う猛攻で甲子園の切符を手にしたのだ。



「野球は9回ツーアウトから」なんて言葉はよく聞くが……この点差で本当にこの言葉を信じ切れる選手はどれくらいいるだろうか??




もちろん、こんな超奇跡は信じたからと言っていつも起こり得ることではない。しかし、諦めて信じることを止めてしまえば、0%の可能性も、信じ抜いていけば数%でも可能性を切り拓いていけるということ。
posted by Takahata at 01:29| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする